2017
04.18

農民の履歴書

Category: 未分類
かなり前の話になりますが、富士宮の有機農家が、各自の経歴を地元紙に連載していたという話を覚えている方いますか〜? そして、それをまとめて本にすることになり、農場主がその表紙のデザインをしました、っていう話も覚えている方いますか〜?  

どちらかでも覚えている方は、ハーモニアンに認定します
(注:ハーモニアンとは、ハーモニアをこよなく愛する人の意)

ま、認定されたからって何もありませんけども

そう、それで、このたびその本が出来上がったそうで、そのうちの一部を昨日市長にお届けに行ったのですって。

農家代表5名。農場主も行ってきました。

041817b.jpg

写真左側の海坊主スキンヘッドの男性の右隣が富士宮市長です。

奥に立っている人たちは新聞社の方々だそうです。

右手前に写っている赤い服の農場主、何か話してますね〜。

「うちのブンブンって超かわいいんですぅ」

ではなく、今年から立ち上げる農家プロジェクトについて説明しているそうです。

できあがった農民の履歴書がこちら。

041817.jpg

小冊子タイプね。
そして、表紙のデザインは写真だと綺麗に見えます〜。ホッ。

実物はね、データが重たかったからって知らぬ間に解像度を下げられてしまい(ホントはアリエナイ〜)、ちょっと絵や文字がギザギザしちゃってるの。

えぇ、わたくし怒りました。「デザイン台無しじゃねぇか!」って。

私がデザインしたわけじゃないのにね〜

でもホラ、農場主が気持ちを込めて書いていたのを見ていたから、せっかくの作品が残念なことになったのを見るのが忍びないのですよ。

とは言っても、ま、仕方ないわね〜。


最後は農民の履歴書を手に記念撮影

041817a.jpg

おー、農場主、いつものカールおじさんじゃなくて、ちょっとアーティストっぽいじゃないですか

今月また別件で創作活動してたから、それもまた別の機会に紹介しますね。

アキコ


Comment:2  Trackback:0
2017
04.17

大地とつながる講座 ご報告

Category: 未分類
昨日はポカポカ陽気でワークショップ日和となりました

041717c.jpg

今回は県内からご参加いただきました〜

5日前の満月を境に、一気に季節が入れ替わったのを感じた農場。

041717g.jpg

小松菜、カブ数種、からし菜、べか菜、といったアブラナ科の野菜たちが咲き誇っています。

一様に同じ黄色い花に見えても、種類によって少しずつ色が違ったり大きさが違ったりするんですよ。

ネギも、種を残すためにネギボウズができてきましたよ。

041717.jpg

こんな、高原の春真っ盛りの中でワークショップ開始です。

畑をぐるりと廻りながら、地面の中の小宇宙を探検します。

041717j.jpg

覗いた人でないとわからない、自然農の畑の豊かさ、そこに展開する無数のいのちの営み。

参加された方も思わず声をあげていましたね。

土を見ていると、この畑が年を経るごとに豊かになってきているのがよくわかります。

それは、どんな草が生えているかということでもわかるんですよ。


小宇宙探検のあとは、私が瞑想にガイドをしました

写真がないのですが、みんな履いていた長靴だけじゃなくて靴下まで脱いで、素足で畑に腰を下ろします。

これだけでもしっかりとアーシングできますね

ガイドしたのはハート瞑想。胸の真ん中にある第4チャクラを入り口に、中心の空につながっていきます。

これは、瞑想に馴染みがない方でもすんなり入っていける素敵な瞑想法なんですよ

ウグイスやツバメや他にも数種類の鳥の鳴き声がしていました。そして川の水の音、木々を揺らす風の音、そういった自然の音を聞いていると、努力することなくハートの内側へと深くつながっていきます。

ハートの中心で少し休んだら、大地のエネルギーとつながっていきます。実際に片手を地面につけると、より強くつながりが感じられましたね。最後には、全身がその母なるエネルギーに包まれているのを感じながら、その雰囲気を楽しみました。

合計で30分ぐらいの瞑想でしたが、終わった後は気分スッキリ、そして足が地面に磁石でピッタリとついているような、そんな感覚でしたよ。

何より私が楽しませていただきましたが、参加者の方からも、「瞑想がとてもよかった」と感想をいただき嬉しく思っています またやろう〜。ただね、真夏の炎天下ではちょっと無理ね

しっかりと大地とつながった後は、野草、山菜を摘みました。

ツクシにゼンマイにノカンゾウ。

041717e.jpg
041717i.jpg
041717a.jpg

こういうのは童心に帰れていいですね。
ツクシは、ハカマを取る作業があるってことを頭に入れておかないと、ついつい採りすぎてしまいますから注意が必要ね。


遅めのお昼休憩をはさんで、残りの時間は種蒔きです。

041717h.jpg

まく種は、今回はなんと!「アブラナ科ミックス」!

小松菜、からし菜、赤からし菜、のらぼう菜、そして誰だかわからなくなっちゃった種、の5種類。

全部Harmoniaの農場で自家採種したものです。

これを混ぜこぜにしてまくのです

何が出てくるかなぁ。一番マッチしたのが出てくると思うんですが、それは1種類とは限りませんからね。

ともかく楽しみです。

農場主が種男(たねお)に変身して、ひとしきり種の話をした後、実際に種をまいていきます。

041717d.jpg

種をいのちとして感じることができるかどうか、それが大きなポイントです。

041717f.jpg

そうそう、そんな感じでまいていくのよ

農場のマスコット、ブンブンに見守られながら種をまきます。

こういうミックスでのまき方は、普通のまき方よりも更に発芽が楽しみになりますね。


こんな感じのワークショップでした。

楽しかったわぁ!またやりましょ〜!

041617.jpg

あなたもこんな笑顔になりに来ませんか〜

富士山麓でお待ちしていますよ。次回日程決まりましたらアップします。

アキコ


Comment:2  Trackback:0
2017
04.16

わ〜くしょっぷ:だいちとつながるこうざ

Category: 未分類
こんにちは、ブンブンです。

041617.jpg

今日ね、畑でいっぱい遊んだりお手伝いしたりしたの。

わ〜くしょっぷ、っていうんですって。

そりゃあ楽しかったわ。
終わった後田貫湖へ行ったんだけど、このあたしの笑顔見たらわかるでしょ。

詳しくは明日アキコが報告するらしいわ。

あたしは遊び疲れたのでもう寝るわね。

それじゃあね

ブンブン


Comment:0  Trackback:0
2017
04.15

白糸唐辛子部会 部会長作品の登場

Category: 未分類
この記事、4/12にアップしたつもりだったのですが公開されていませんでした〜m(_ _)m
--------------------------------------------------------------------------------


Farm Harmoniaは、富士宮市北部の白糸地域で昔から作られて来た細長い唐辛子、「白糸唐辛子」の種の保存と栽培・販売を目的とする「白糸唐辛子部会」というのに入っています。

その部会の部会長をしているのが「大沢農園」さん。ご夫婦2人で農園を切り盛りされています。

その大沢農園さんがね、冬の間に、手作りの”唐辛子の絵本”を作ったのですよ。自分たちのやっていること、自分たちの想いを載せてね。Vol.1 から始まって、今日いただいたのが早くもVol.7! すげー。 

そのVol.7が特に素敵だったもので、今日ドーンと載せてしまいます!

いっときますけどね、写真の数多いですよ?

本当は、Vol.1から順繰りに載せていくのがよいのだと思いますが、このブログを読んでくれている大方の人は、Harmoniaが白糸唐辛子を作っていることを知っている、と思います。そして、その白糸唐辛子からラー油やタバスコを作っていることも知っていますね?

「その白糸唐辛子をHarmoniaよりもものすごく沢山栽培している農家さんでーす」というザックリした説明で1から6までを飛ばすことにして、いきなり7に行くのであります!

はじまりはじまり〜 (文字が切れてるところが数カ所ありますがご容赦ください)

041217f.jpg
041217h.jpg
041217.jpg
041217n.jpg
041217g.jpg
041217q.jpg
041217m.jpg
041217i.jpg
041217p.jpg
041217e.jpg
041217l.jpg
041217o.jpg
041217a.jpg
041217d.jpg
041217k.jpg
041217b.jpg
041217c.jpg
041217j.jpg

おお〜、いい作品だ〜。
私何回も読み返しちゃったよ。

あまりにいい味出しているので、明日はこの絵本を作った大沢農園さんに潜入しちゃいますよ〜!!

アキコ


Comment:2  Trackback:0
2017
04.11

ビバ採取生活

Category: 未分類
よく雨が降りますね〜。そして寒い

これは数日前のお話。

Harmoniaの農場では、引き続きオオイヌノフグリが咲き誇っています。

041017b.jpg

農場内のビオトープ(去年田んぼにした2区画の小さい方を今年からビオトープ化しました。こないだワサビを植え付けたところね)内に、ツクシがワッサワサ生えているじゃないですか!!!

041017c.jpg

畑だったときはこんなにツクシが出て来たことなかったのに。

なぜでしょうね〜。水が入ったから、スギナが身の危険を感じて胞子を飛ばす作戦に出たとか? 

いずれにしても、こういうの見ると採らずにはいられませんね。

041017.jpg

フンフ〜ン

041017d.jpg

ねぇ農場主、採るのはいいけどさ、全部ハカマ取るんだからね、それを考えて採ってね。

ツクシ以外にも、アブラナ科の”とう”やヤマニンジンの若葉、セリ、ウドをいただきました。

041017a.jpg

豊かな山と畑の恵みです。

そろそろゼンマイも採れるころでしょうか。採取生活って素敵

しかし!夏にはオクラやナスも食べたいので、採取だけじゃなくて種まいて育てていきますよ〜。

アキコ


Comment:2  Trackback:0
back-to-top