FC2ブログ
2018
07.07

シードバンクの記事

Category: 未分類
7/6(金)静岡新聞の夕刊に、シードバンクが紹介されましたよ〜

070718.jpg

以下記事です。

-----------------------------

富士宮市の生産者グループ「富士山麓有機農家推進協議会」は4月から、固定種や在来種を未来につなぐ「シードバンク」を始めた。

寿命や埋没による種の消滅を防ぐため、地域で種採りと栽培を繰り返すことが目標だ。

地元の農家から譲り受けた種を保管し、希望者に貸し出す仕組み。利用条件は、収穫物から種採りをして借りた量以上の種をバンクに返すこと。当面は会員限定だが、今後は大賞を一般に広げる。

白糸のキュウリや柚野の百年インゲンー。同市内野のバンクの拠点には、開設以降に集まった約50種類の野菜の種が並ぶ。

バンク運営の中心を担う同協議会メンバー鈴木一正さん(50)と小野幸恵さん(43)は同所で6月上旬、野菜のさやから種を取り出す種採りを行った。

鈴木さんが手にしたルッコラは一株に数千個の種を付ける。農家にとって手間の掛かる種採り作業を手伝うことも活動の一つだ。
 
鈴木さんは種苗会社からの購入が一般的な種「F1(雑種強勢)」の必要性を認めた上で、固定種や在来種の種採りの繰り返しこそが、地域の農の循環を支えていると語る。

「種は環境を記憶して土地になじんでいく」。種の多様性は、生態系や食文化の多様性につながる。食の自給や不作のリスク軽減などの意義もある。種は生命の命の源。そう強調する。

市内で子育て中の母親を対象に行った種の講演会では反響も大きかった。「種の継承には市民の力が必要」。

種採りボランティアの募集や、種まきから料理までの体験会など、市民を対象にした企画も計画している。

--------------------------------

素敵♡ 農場主、今回は落ち武者度が下がっています


そして、シードバンク企画のイベントが、来週からスタートしますよ〜!

https://www.facebook.com/events/258147698079984/
見られない人のために内容をコピペします↓
-----------------------------

富士山麓有機農家シードバンクが開催する、「世界一時間のかかる食卓」シリーズ第1弾。

「世界一時間のかかるみそ汁作り」

あなたのお味噌汁を、大豆のたね蒔きから始めます。
具は何にするか考えて、具もたね蒔きから始めます。
あなたにとって世界一時間のかかるみそ汁作りの旅が始まります。
富士山麓有機農家シードバンクのたねの話と、たねにまつわる映画の試写会等もスケジュールに織り込み、たねと農と食と命について感じ、考え、味わう旅です。
あなたも一粒の命のたね、感じてみませんか?

期間:2018年7月14日土曜日〜2019年12月(みそ汁ができるまで、随時募集します)

場所:なごみ農園 静岡県富士宮市

持ち物:長そで、長ズボン、軍手、帽子、水筒、タオル

募集人数:10人

費用:ギフトエコノミー
   次回の次の人や隣の人への参加費用を各自考え、思い思いの金額をギフトボックスに支払って下さい。
他の人、隣の人が次に楽しんでいる姿を想像し、金額を考える事で、お互いのギフトの心、愛、繋がりの心、を感じ取り、たね・人・食・命と幸せな経済システムへの試みを体験しましょう。


☘️第一回目 7月14日土曜日 9:00〜12:00 なごみ農園にて
     大豆のたね蒔き  たねの話「たねの色々」
     

お問い合わせ、申し込みは 小野よしえまで。
090-3446-2146
ageha955@gmail.com
----------------------------------------------

一昨日の時点で参加予定者8名とのことでした。

味噌作りをしたこともある人も、たねから播く経験はなかなかないでしょう。

自分で育てた大豆と、具にする材料はきっと来年作るんでしょうね〜、本当に時間がかかることですが、かけがえのない経験になると思います。

興味のある方はシードバンク事務局の小野さんまで♫

アキコ

トラックバックURL
http://farmharmonia.blog.fc2.com/tb.php/843-9c873f80
トラックバック
コメント
素敵な記事!
素敵なイベントだね(^^)
敦子dot 2018.07.09 16:46 | 編集
> あっちゃん
ね〜(^^)
少しずつ輪が広がってきているよ。
アキコ
ハーモニアdot 2018.07.10 18:06 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top