2017
10.06

種子法廃止って何よ

Category: 未分類
今日は、元農林水産大臣の山田先生の講演を聞きに行ってきました

100617.jpg

種子法という法律が廃止されることがもう決まっていて、そうなったらこれからどうなるの?というのがテーマでした。

これ、「農家じゃないから関係ないも〜ん」というシロモノではありませんでしたヨ。

この法律の廃止は、全体で動いているプランのほんの1つ。これはTPPとも大いに絡んでいて、その裏に潜んでいる図式はガチョーン(死語。笑)となるものでした。

つまり、

”種が支配されていく” 

イコール

”私たちの食が支配されていく”

イコール

”私たちが支配されていく” 

というものです。

パワー&マネーのゲームですね。多国籍企業の1人勝ちとなり、そして大多数の日本人は羊のようにおとなしく支配を許してしまうのでしょう。

「タネを支配するものが世界を支配する」と今日の講演で言われていました。

これ、表面的な意味よりも奥は深いです。これは私たちの健康にも関わってきます。心身健康で暮らすことのリスクが上がるとしたら、それって結局人生そのものに関わる、ということ、ですよね。

この局面に対し、「支配を許さない!」と怒りで立ち向かうのではなく、みんなの財産であるタネを守っていこう、そんなハートフルな動きが求められています。そして、実際に動き始めている人たちがいます。

日本の種子(たね)を守る会

種子法廃止の閣議決定を受けて、今年の2月に発足したばかりだそうですよ。

そして何と、富士宮の有機農家の協議会でも今年、在来種や固定種の種を守るためのシードバンクプロジェクトがスタートしたのです。

これね、農場主が旗ふりしています。

いいですねぇ、ぜひ急ピッチで進めていってくださいませ。

おじちゃん、頑張ってえ〜

100617a.jpg

仔ニャンコズも応援してますよ〜

アキコ

トラックバックURL
http://farmharmonia.blog.fc2.com/tb.php/733-38749b1f
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top