2014
07.18

白糸とうがらし

Category: 未分類
Farm Harmoniaでは、今年初めて「白糸唐辛子」という、この地域に昔から伝わる在来種のとうがらしを育てています。

白糸唐辛子って、普通の唐辛子と何が違うかって、実のつき方とその長さ

写真ないのが残念ですが、鷹の爪とか島とうがらしとかは、実がピン!と天に向かってつきますよね。
でも、この白糸唐辛子、たら〜んと下に垂れてなるんです。しかも長いの。10cm以上になります

もともと、ご近所に住んでて仲良くしてもらってる大沢農園さんが栽培してきた品種なんですが、静岡の在来の作物って少なくってね、とても貴重な品種なんですよ 農家で作ってるのは大沢農園さんだけだったから、1軒の農家だけで種を守っていくのってリスクも大きいし、じゃあ仲間で種を守っていこうじゃないか、ということになり。

部会結成!
種をわけてもらって、今年栽培開始〜、とあいなりました。

Harmoniaの白糸くんは生育のバラツキはあるものの、ちっこいツボミがつき始めました。
ちょうど昨日、大沢農園さんがご夫婦でうちの畑に来られて、状態を見ていかれましたよ。

査察か?抜き打ち検査みたいでちょっと緊張? 
なーんて。そんなこたぁないですよ
まずまずいい感じで育ってるみたいなので、実がつくのが楽しみ。

そうそう、すっごい長い前置きになりましたが、白糸唐辛子のことが静岡新聞で記事になりましてね、上、中、下と3回に渡り掲載されたのですが、昨日が下でした。
そこに、農場主のコメントがチラリンと載っていますのでご覧ください(↓web版)

白糸唐辛子(下) 世代超え種受け継ぐ 富士宮市狩宿周辺

AKIKO


トラックバックURL
http://farmharmonia.blog.fc2.com/tb.php/73-e920bdc4
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top