2017
06.14

おや?トゥルシー

Category: 未分類
大分在住のわたしのオベンキョウ仲間から種を分けてもらった大切なオオヤトゥルシー(ホーリーバジル)。

畑での苗床では寒さのせいで1つも発芽せず、5月下旬に室内でポットに蒔き直ししました。

数日たって、2つ発芽しました。

3つ目も発芽しかけてたのですが、何というんでしょうか、ほら、羽化途中で力つきてお亡くなりになったセミみたいな感じで(←これ私の中ではわかりやすい例えなんだけど、いったいどのぐらいの人に伝わるものだろうか)、ちゃんとは発芽しませんでした。

15ポットにまいて、1ポットに5粒ずつだったから、全部で75粒。そのうち発芽したのが2つ。発芽率3%を切っております。なんてこと

しかも、発芽したのはいいけれど、その後の低温で、本葉が開くことなく双葉のままチーンとしております

061417.jpg


朝晩寒いんだよねぇ。。昨日も最低気温11℃ですし。。。

何とか成長してもらいたいなぁ。福島の除染で使われているホーリーバジルなんですって。本来こぼれ種でも平気で育つ強靭な種類なんだとか。けどあったかいところで育ってきたからなぁ。環境の変化に戸惑っているんでしょうね。

この変化を乗り切れるように愛をたくさん送っておきましょう。


そうそう、このオオヤトゥルシーの種まきで超ズッコケたことが。

あまりに発芽率が悪かったのですが、農場主がまいたポットは1つも発芽してなくて。

「出てないねぇ?」と言ったら、「やっぱりな」だって。

どういうこと?の質問に、「たぶん出ないだろうと思いながら蒔いてた」って。

おーーーのーーーれーーー

そんな思いで蒔くから出ないのじゃ!!!!

さんざん叱られた農場主なのでした

アキコ


トラックバックURL
http://farmharmonia.blog.fc2.com/tb.php/681-31cc8862
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top