2017
02.02

冬仕事

Category: 未分類
冬限定の景色。遠くに駿河湾が見えます。キラキラ光っとります。

020217h.jpg

今日は私一人でブンブンのお散歩に行ってみました。

020217.jpg

ブンブン、背筋ピーン!ですね。

まだまだ外の世界に慣れていないもので、鳥の声や木々の間を通る風の音にいちいちビクっとするのです。2~3m置きにストップする”だるまさんが転んだ”状態です。なかなか進みやしない

そうかと思えば、慣れた平らな道では猛ダッシュ。えぇ、少しばかり付き合いましたよ。全然足が上がらないし、転びそうで怖かった 坂道ではたちまち息切れしましたし、こりゃーかなり体がなまってますよ。いかんいかん。お散歩しないとね。

さて、農閑期である冬の間、断捨離を進めているというのは先日お伝えしましたが、それと並行してやっているのが種取りと脱穀、脱粒です。今日は大豆の脱粒作業をご紹介。

1月のいつだったかの週末。2日連続で行いました。

まずは大豆の株をブルーシートに包んで、踏むべし、踏むべし。

020217i.jpg

踏んでいる下に、全体の8分の1ぐらいの株があります。

初日は研修生M嬢も加わっての作業。

この時期になるとさすがにめちゃめちゃ乾燥しているので、実の離れがすごくいいです。=作業がラク。

ラクとは言っても、踏んだ後の株のチェックを1つ1つする必要はあります。はぜずに残っている豆を手で取っていきます。地道な作業です。一人でやってると嫌になっちゃうけど、人数がいると楽しいのです。

020217k.jpg

ふー。ここまできました。

020217b.jpg

この後、大きなガラと豆とをふるいでわけて、それから手箕で細かなゴミを取り除いていきます。

020217j.jpg

ガラガラガラ〜〜〜と落ちて行く大豆たち。落ちて行く音がパチンコみたいだったので、軍艦マーチを口ずさむ中年男女3名 楽しい

こんな感じになりました。

020217a.jpg

これが小糸在来という大豆。一部黒大豆が混ざってるけどね。

昨シーズンは大豆を4種類作ったのです。

小糸在来、鶴の子大豆、黒大豆、青大豆。

暮らしにお豆があると何だか豊かな気持ちになります。

これでお味噌を作ったり浸し豆にしたり。冬の間は納豆も作りたいですね。

アキコ

スポンサーサイト

トラックバックURL
http://farmharmonia.blog.fc2.com/tb.php/626-9c651fd7
トラックバック
コメント
脱穀、楽しそう。
やりたいなぁ(^^)
敦子dot 2017.02.02 18:47 | 編集
> あっちゃん
楽しいよ〜!
でも春までは残ってないなぁ。
アキコ
ハーモニアdot 2017.02.03 15:44 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top