2015
08.19

鳥的芋

Category: 未分類
去年の冬に収穫した里芋。

畑に深い穴を掘ってそこに埋めて越冬、春に掘り出して種芋を植え付け、小さいものは自給用として少しずつ食べていました

いよいよそれも最後となり、親指と人差し指で丸を作ったサイズぐらいの一番小さいものが残るのみとなりました。

芋からは芽が出ているけど、土も水もないからもう成長はできません。

それがこれ

081915.jpg

何だかかわいくないですか!?

飛べない鳥、キウイみたい。

またはカラスのヒナ?

コウテイペンギンのヒナ?

いずれにしても、鳥っぽいですよね〜

私は鳥好きなので、これを見るたびにつまみ上げてはチュンチュンとか言って遊んでます
(↑

鳥の頭の部分は、親芋になる部分です。

一番下に種芋があって、その上に親芋ができて、その周りに子芋がつく。
里芋ってそんなふうになるんですよ。

この鳥たち(←違う)は、研修生のご飯になります。
ジャガイモと違って里芋は芽の部分も食べられますからね、他のお野菜とお肉、煮干し、お米と煮込んでおいしいごはんになるのです。

里芋たち、最後までありがと〜

アキコ

スポンサーサイト

トラックバックURL
http://farmharmonia.blog.fc2.com/tb.php/354-aa8c627a
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top