2015
07.24

Harmoniaとビニールマルチ

Category: 未分類
今日も暑いです💦
農場主、汗だくでコツコツ草刈り。

今日はビニールマルチのお話。
有機農家の多くは、ビニールマルチという薄いビニールで土を覆って野菜を栽培する手法を用います。
保温効果があるのと、草を抑えて野菜の育成を妨げない効果があるためです。
Harmoniaも昨年迄2年間ビニールマルチを多用してきました。
確かにそれは効果がありました。
しかし毎年大量のビニールのゴミが出てしまい、環境に悪い結果となっていました。
そればかりか、更に厳しい現実がHarmoniaの畑に現れました。
初年度は、大豊作。2年目は虫の大発生と初年度の半分ぐらいの収穫量。
そして今年。。夏野菜は壊滅的な状況。。。
もはや自給すらも厳しい感じになってきました。

初年度は大豊作で、この畑では無肥料で十分やってけると思い込み、2年目は収穫量を増やそうと
せっせと耕耘してビニールマルチをどんどん張り巡らし。。。
すると、数種類の虫が大発生しだし、野菜をどんどん壊滅的な状況にしてしまい、
野菜の生長すらもチーンと静まり返り。まるで初年度が嘘の様な状態に。。
ビニールマルチは堆肥を入れて耕耘する畑に通用する手法だった事に気がつきました。
無施肥で繰り返すとこのようになってしまうのです。
やってしまいました。。

耕耘してビニールを張る事で、自然の生態系を破壊してしまっていたのです。
自然の循環を停止させていたのです。
その為、生態系がバランスを崩し、天敵がいなくなった種類の虫が大発生。
草が生えるのを抑えてしまったので、微生物の住処も無くなってしまい土壌はやせ細ってしまったのでした。
巡ってない事にやっと気がついた農場主。。
農場主の欲が畑のバランスを崩してしまっていたのです。
今年の畑が教えてくれました。

昨年のビニールマルチを多用したHarmoniaの畑。
ビニールマルチ


今年はビニールマルチは一切使わない事にしました。
更に耕耘機で耕耘する事もやめました。
初年度の土と同じ、元の状態に復元させる事に一心につとめます。
自然の摂理を大切にして調和を保つ事に一心につとめます。
五感をもっと澄まして畑と対話する事に一心につとめます。
美しい畑の景色と、喜んで美味しく食べてくださる皆様の笑顔を思いながら。
みなさん待っててくださいね😀

Harmonia農場主
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://farmharmonia.blog.fc2.com/tb.php/335-f69fe40a
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top