2015
04.21

唐辛子とインゲン

Category: 未分類
昨日は嵐のような1日でしたね

そんな日はハウスでの種まきのみ。

042115.jpg

こちら長〜い白糸唐辛子。まぁ鮮やかな赤じゃありませんか。

042115a.jpg

こんな風に、種取り用の株を株ごと乾燥させておいたのです。

さやを手で破って、種を取り出します。

042115e.jpg

この作業、結構目に刺激が来ます。そして、終わった後はきちんと手を洗わないと大変なことに。

今年もたくさんの実をつけてね。色々な加工品作りにチャンレジしますよ


こちらはツヤッツヤの種。

042115b.jpg

先日地元の農家さんに種を分けていただいた貴重な貴重な「100年いんげん」です。
いやもっと長い年数種取りを続けてるんですけど、キリがいいのでね、こう呼ぶことにしました。

042115c.jpg

ポットにまきます。種の数があまり多くないから、今年は種取りだけ。どんな味のどんな実がなりますことやら。ワクワクします

そうそう、Harmoniaができるだけ自家採種にこだわる理由がもう一つありました。

比較のために、この写真を見てね。

042115d.jpg

これもインゲンなんですが、すっごい色でしょ。これは、発芽のときに病気にならないように、って殺菌剤やら何やらが入った、色付きのフィルムでコートされた種子。毒々しい色ね〜。固定種、在来種でも、こういうコーティングされた種子ってあるんですよ。
以前、知り合いの農家さんで、コーティング種子しか使ったことない方がいて、素のままの種を見て、「こんな色と形をしてたんだ」ってビックリしてました。私たちはその方が素の種を知らなかったことにビックリしましたけどね。

あと、ニンジンなんかだと、種に毛がついててとても播きにくいから、播きやすくするためにコーティングするっていうのもあるみたいです。うん、本来の種の2〜3倍の大きさになってコロンとした種になってましたわ。機械で種まきする人向けね。

まぁいずれにしても、大規模経営や効率化のためにコーティング種子を使う、って農家もたくさんいますから、それはそれでいいのですが、Harmoniaは、種のレベルでもたくましい野菜作りを目指しているので、素のままでいきたいのです。だから、自家採種。

アキコ

スポンサーサイト

トラックバックURL
http://farmharmonia.blog.fc2.com/tb.php/277-541816db
トラックバック
コメント
種の殺菌で使用される薬剤は、私が樹木の病気で使う薬剤と同じものが使用されているようで、ビックリです。。。
羽切dot 2015.04.21 18:05 | 編集
> 羽切さん
ほぅ、そうなんですか!
色んなところに使われているんですね。
アキコ
ハーモニアdot 2015.04.22 15:03 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top