2015
03.16

3/14

Category: 未分類
何やら瞬きする間に数日経ちましたよ。

3/14(土)はドキュメンタリー映画の上映会と講演会に行ってきました。

映画もよかったけど、講演会が非常に面白かったので少しご紹介を。

お話してくださったのは現役のお医者様。なのに医師会を敵に回すようなカゲキな発言が多くて、聞いていて痛快でしたよ。田中佳先生という方です。名古屋在住らしいです。

「病院に頼らない身体作り」というテーマでの1時間半の講演でしたがあっという間。非常に参考になるお話が盛り沢山で、何を書いたらいいか迷うけど、そうですね、やっぱり、

「ビタミン、ミネラル、フィトケミカル(抗酸化物質)が豊富な”旬の”農作物を食べましょう。できたら無農薬でね」

ということですかね。有機農家からしたら当たり前のことなんだけれども、一般の方からしたら無農薬というところで一つハードルがあって、また”旬の”ってところでもう一つハードルがありますよね。

お野菜の話、先生のお話中何度も何度も出てきたんですよ。
そしたらね、会場の一角で有機野菜を販売していたのですが、映画が終わって、講演前の途中の休憩時間まで売れ残っていた野菜たちが、先生の講演が終わったら飛ぶように売れて完売したのですって。
現役医師の発言ってスゴイね。マツコ・デラックスの次にすごいんじゃないかしらん

先生のお話からあと2つね。

「腹ペコになるまで食べるな」

「皮と成長点を食え」


腹ペコになってから、っていうのは、アンチエイジングで有名な同じく現役医師の南雲先生もおっしゃってますよね。長生き遺伝子がONになるという。小腹がすいたぐらいではダメなんですって。グゥグゥとなるぐらいまでね。

皮と成長点。これ大事ですよね。
Harmoniaのお野菜買ってくださってる方は、うちの野菜はもちろん皮ごと食べてもらってると思うけど、「成長点」も、って意外と盲点。というか我々も成長点まで食べるようになったのは去年の冬野菜が採れ出してからなんですよね。

031615.jpg

成長点ってどこかわかりますか? 一般には捨てちゃう、このニンジンの場合だと「頭」の部分!!
この部分にね、抗酸化物質がギュっと入ってるんですね〜。

Harmoniaでは、今の時期食べる野菜はちぃちゃいので、縦切りにして余すことなくいただいています。

頭の部分、「え〜、何か土がついてて汚い」と思う方は、小さいブラシでシャカシャカすると取れますよ。
または竹グシでカシカシする。

あとは、頭は頭として切り落としちゃうけど、他の野菜クズと一緒に煮出してスープでとる、という方法もあり。田中先生はこの方法を紹介されてました。「ベジブロス・スープ」と呼ばれているそうなので、興味ある方は検索してみてくださいね。

南雲先生は、「まるごと」食べなさいって説いてますね。

そうするとね、お野菜って、むやみにデカくなくていいんじゃないか?って思いますね。
小さい方が丸ごと食べられるもの。小魚みたいにね。

もしかしたらこれから、どんどんミニ野菜が増えていくかも知れませんね。

小さい野菜ならHarmonia得意よ 任せて

アキコ



トラックバックURL
http://farmharmonia.blog.fc2.com/tb.php/248-0edc7087
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top