2015
02.14

白糸唐辛子加工品

Category: 未分類
おとといの加工祭り、大豆に続いて白糸唐辛子の加工品を作りましたよ。

021415a.jpg

作ったのは

一味
タバスコ
ラー油

の3種


まずは基本となる、唐辛子を荒く砕いたものを作ります。

021415d.jpg

白糸唐辛子は長いので、一度に入れられるのは10本分だけなんですよね。


グイングインと機械で唐辛子を砕く怪しい人。

021415.jpg

鼻と口はタオルでしっかり覆って、目は花粉症用のゴーグル風メガネを装着。唐辛子の粉末はヤバいですからね、しっかりとガードしないといけませんよ。

カンペキ〜と思って作業してましたが、1時間作業したところで素手なことに気づく私。 OH NO〜〜〜〜

まぁ素手ではあるけれども、覆うべきところは覆って作業しているのに、だんだんとポカポカしてきましたよ。
マスク無しの農場主なんか、鼻の頭とおでこに汗かいてますよ。恐るべし唐辛子。

粗みじんみたいな感じまで砕いたら、あとはおのおのの加工へ。

021415c.jpg

一味は、これを更に機械で細かくするだけ。

タバスコは、これに酢を加えるだけ。発酵期間1ヶ月間でおいしいタバスコのできあがり。

そしてラー油。

021415b.jpg

熱したゴマ油に、粗みじんの唐辛子を投入

えぇ、当然農場主の仕事ですよ。私は少し離れて遠巻きに見てましたが、実は投入直後から1分間息とめてました

何か農場主ゴホゴホむせてますけど。あ〜ぁ、、吸い込んだね。マスク必須なことがよくわかりました

全種勢揃い。

021415e.jpg

左の2本がタバスコ。酢だけのものと、酢と塩を入れたものの2種類。その横がラー油。一番右の小さいのが一味。

ラー油は、この1本に白糸唐辛子が30本分入ってます。劇辛で私は無理 でも料理に、耳かき1杯分ぐらいを入れたらいい感じでしたよ。中盤からジワジワっとおだやかに効く感じ。

一味、これはもうのっけから「ガツン」ときます。もっと無理 七味まではないけど、ゴマや青のり、陳皮などを加えて4味とか5味とか、それぐらいにしてみます。そうすればいい調味料になると思います。

タバスコは熟成期間が過ぎたらまたお知らせしますね。


辛いもの好きな農場主はウッキウキで更に汗かいてます。
これ、鼻と口からだけでなくて皮膚からも辛み成分吸収するんでしょうかね。

その晩入ったお風呂では、妙にあったまった気がしました。
手についた唐辛子の細かい粉がお風呂に溶けたのか、作業中に吸いこんだ分なのか、その両方なのかわかりませんが、いつもより薄着でも全然寒くない!

冬の唐辛子加工、おススメです

akiko



トラックバックURL
http://farmharmonia.blog.fc2.com/tb.php/225-e4de46cd
トラックバック
コメント
いっぱい出来たね〜(^.^)
辛そう>_<
敦子dot 2015.02.15 13:16 | 編集
> あっちゃん
うん、めちゃめちゃ辛いよ!!!
akiko
ハーモニアdot 2015.02.15 21:43 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top