2014
10.26

種取りと芋洗い

Category: 未分類
万願寺とうがらし、自生えビーマン、伊勢ピーマンの種取り候補収穫。
万願寺種取り
赤く熟れた状態で収穫し、しばらく熟成させてから種を取ります。
実はこれとっても美味しいのです。
野菜セットに赤いのがこっそり入ってたらラッキーだと思って炒めて食べてみてね。

昨日掘り上げたさつま芋「いずみ」の種芋を選別。
美しく力強い芋15個が来年への命のリレーへスタートしました。
寒い冬をログハウスで一緒にすごそうね。
いずみ
日本の一般家庭からの食料廃棄量が年間1000万トンにも及ぶそうです。すごい消費廃棄大国ですね。
「命を繋げてゆく大切さ、食の尊さを畑を通じて伝えてゆく事」が大切だとHarmoniaは考えています。

さぁ!隣の川で芋洗い大会〜 ← 一人で...
手洗いいずみ
お芋さんは皮が薄くてデリケートなので、手洗い。一つ一つ丁寧に洗ってゆきます。
富士山の雪解け水の川は冷たくて手が赤くなります。体の芯まで冷える〜
みんなが美味しく食べてくれてる姿を思いながら頑張って洗うのでした。

みんな楽しそうでしょ☺️
洗いいずみ

番外編
カマキリの卵発見!
ここでも命のリレーが始まってます。
カマキリ卵

生まれたての卵です。まだ色が白くて柔らかいんです。
昨年沢山の卵が鳥さんに食べられてしまいとても心配してましたが、いくつか見かけ始めました。ほっ☺️
カマキリは野菜を食べてしまう虫を捕食して畑のバランスを調和してくれるHamoniaの大切なスタッフ達です。

今年はやや高い所に卵を産んでます。
カマキリの卵が高い所にある年は寒くなると言われてますが、今年も寒くなるのかなぁ〜 。
頑張れよ!カマキリ君。

農場主




スポンサーサイト

トラックバックURL
http://farmharmonia.blog.fc2.com/tb.php/155-11f8a04a
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top