2014
04.12

そして種を抱く

Category: 未分類
まだまだ続く種まき。

041214_3.jpg

春夏はいつまで種をまくのか

うん、、去年は6月いっぱいまいてましたかね。

そして7月ごろからはニンジンや大根、白菜など秋冬ものの種まき。これが10月中旬ぐらいまでかなぁ。

今は、夏野菜を育苗しながら、畑で小松菜とかの葉物や夏大根、小カブなんかをまいています。これからインゲン、キュウリ、カボチャ、枝豆、落花生、モロヘイヤ などなどなど、、をまいていきます。一度にまくのではなく、何回かに分けてまくので、なんだかいつも何か播いているような、そんな感じがします。

そんななか。

育苗中の夏野菜。温床でみんなヌクヌク&スクスクと育って。。。。
041214_4.jpg



育っていないやつが

悲しい事態なので写真は撮ってないですが、去年初めて種取りをした真黒(しんくろ)ナスと梨ナスの発芽率が悪い 特に梨ナス
シンクロ君は4割程度で、梨ナスは3割切ってる?

これはいかん、去年Harmoniaの人気No.1 だった梨ナス。(ちなみに第2位は”枝豆”でした)
今年も皆さんにあのおいしさを届けたい

急遽種苗屋さんに種を注文しましたが、ちょうど時期で注文殺到らしく、到着まではまだ日にちがかかります。

と、いうことで。

今ある種を、2人して抱くことにしました

発芽率は悪いけど、自家採種は何としても継いでいきたいし。1日も無駄にはしたくないのでね。

アキコは種抱き初めてだけど、かずちゃんは去年もやったよね。去年は温床がなかったから、ナスだけじゃなくてトマトやピーマンなんかも抱いてたね。

なんで抱くのかって

え〜、かずちゃんの趣味

嘘です。夏野菜を畑に直まきするには気温が低すぎるから。
温床にまけばいいのですが、発芽率がとても悪いので、スペース効率悪いでしょ。

だから、人間の体温を利用して発芽させるの。
種抱きして、出てきた子だけを播く、と。そんな作戦です 
あたしたち恒温動物でよかったね。

ナスの種をペーパータオルにのせて。
041214_1.jpg

しめらせて小さいビニール袋に入れて、種類がわかるようにシールを貼って、と。
041214_2.jpg

こいつを抱きます。かずちゃんはヒモをつけて首から下げて。アキコは胸ポッケの中だったりお尻だったり色々。
このブログを書いている今は、お腹に抱いとります。

時々お腹をさすりながら、沢山の小さな命たちと一緒にいる不思議な感覚を楽しんでいます。これね、結構楽しいかも

シンクロ君、梨ナス君、沢山の実をつけて、みなさんにおいしさを届けようね。
だから、、まずは早く根っこを出しとくれ






Comment:0  Trackback:0
トラックバックURL
http://farmharmonia.blog.fc2.com/tb.php/14-e58016f0
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top