2014
09.12

さといも

Category: 未分類
今年誰よりも絶好調な里芋たち。
091214.jpg

湿り気大好きですからね、たぶん雨の多かったあちこちの地域で絶好調なことと思います。

それにしてもこの葉脈の揃い方の美しいこと。

薬使ったり化成肥料使ったりでバランスがうまく取れていないと、この左右対称な葉脈にはならないんですって。確かに里芋の葉っぱだけなくて、トマトの実のつき方とか色んな野菜でそういうのありますね。


里芋トンネル〜
091314a.jpg


今年は、関東でよく食べられている土垂の他に、八ツ頭や赤芽といった種類を植えています。

八ツ頭と赤芽は、茎も食べることができるんですよ。

里芋の茎は、”ズイキ” とか ”芋がら” とか呼ばれてます。

って書いてますけど、私たちはまだこの”ズイキ”食べたことないんですよね〜。


茎の部分だけ収穫して、皮を剥いてカラカラになるまで乾燥させて、使うときに水で戻す。

おひたしや煮物にいいらしいです。ん〜、味のイメージがわかないね。。。


せっかく八ツ頭と赤芽があるから、初干しズイキ、作ってみたいのですが。。。

作るとなると、

当然茎を取らないといけないのですが、めっちゃ「わーっっっ」と楽しげに光合成してる葉っぱを今取っちゃっていいの?という心配


カラカラになるまで干す、って、それ今年のこの湿気たっぷりな状況で可能なんだろうか、、という不安


う〜ん。。。何かこのまま葉っぱが枯れるまで置いとくような気がしてきましたよ

いやでもせっかくだから。。

葉っぱの混み合ってるところをちょっとすくような感じですこぉ〜しいただいてみましょうかね。そうそう、茂りすぎて倒れてきてるところもあるしね。


無理よ。この湿気よ? どうせカビるわよ
091214b.jpg


会長、そんなこと言わなくたって。。。

って会長、のど元そんな柄だったんですね

AKIKO




トラックバックURL
http://farmharmonia.blog.fc2.com/tb.php/114-f51437c6
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top