FC2ブログ
2018
02.27

Seed Bank

Category: 未分類
種男があちこちに行っている話はしていますが、シードバンクそのものの話をしていないことに気付きました

022718.jpg

シードバンクのリーフレット。製作はもちろん by農場主。

中を開くとこんな感じです。

022718a.jpg

目的は色々あるけど、まずは種と種の多様性を守り次世代へ繋いでいくこと。

種の多様性は食の多様性にもつながりますからね。

022718b.jpg


小さくて見えないかもだから、リーフレット裏面の左側に載ってる事をここに書きますね。

--------------------------------------------------------------------------

命のたねを未来へ繋げよう
たねは万人のもの、たねは繋げるもの。

富士山麓有機農業推進協議会では、固定種、在来種のたねを自家採種し、次世代へと繋げるシードバンクの活動をスタートします。

私達の食の安全性と多様性、そして地域の食文化を守り育ててゆく為には、たねの安全性と多様性を確保することが必須であり、それは農家の役割でもあると考えています。

その信条に基づいた、地元農家で採種したたねを地元農家で共有し、永続的に増やし続けてゆく活動、それがこのシードバンクです。

日本人の食はたねが命です。

言い換えれば、たねは私達の命です。

たねが無くなれば私達も無くなります。

私達農家がその命の源のたねを守り繋いでゆきます。

日本ではこれから、多国籍企業によるたねと食の支配が静かに確実に始まります。

たねを司る私達農家に出来ること、私達の食の自由を守ること、それらを始めます。

そして、たねから持続的・永続的で自給できる食のまちづくりを目指します。

--------------------------------------------------------------------------------------


このシードバンク、今年の4月から運用開始となるのです。

Harmoniaを始め、富士宮市内に4拠点をもうけ、種の保管をスタートします。

最初は農家さん達だけで種のやりとりをしていくんだけど、ゆくゆくは地域の方々にも入ってもらう予定だそうですよ。

運用の規約なんかもこしらえたけど、まずはやりながら、修正しながら、そんな感じになると思います。


昨日は、シードバンクに設置する種の保管棚の材料を仕入れに行きましたよ。

フンフ〜ン♫とフリーハンドで本棚の絵を書いていく農場主。and なぜかカメラ目線のブンブン。

022718c.jpg

さすがね〜。私なんか線が曲がっちゃっていびつな形にしか書けない。

022718d.jpg

まずは1拠点に1つ保管棚を置くんですって。だから、4つの拠点で必要な板の枚数と、ビスの本数を計算しているところです。

この後エンチョーにお買い物に行きましたよ。予定していた板が、思ったより奥行き感がなくて、もう1段階深めの板に変更しようとしたところ、何だか費用がハネ上がってしまいましてね。

DIYの棚でこの金額はいかがなものか、な感じになったので、別の細めの板を組み合わせて使うことにして、事なきを得ました。

来週末に棚を製作します。久しぶりの工作。楽しみだな〜

そして、作った棚にどんな種たちが並ぶのか、これまた楽しみだな〜

富士宮のSeed Bank、もうじき運用が始まります。種の危機は農家だけの話じゃないので、農家以外の人たちにお話を伝えているのが最近の農場主なわけです。これからも、色んなところでお話していくことになるでしょう。種男がどんな地域、どんな方々とご縁を結んでいくのか、とっても楽しみです

アキコ

Comment:0  Trackback:0
2018
02.26

ついにその日がやってきた

Category: 未分類
022618b.jpg

朝ご飯を食べた後の仔ニャンコズ。もう仔猫じゃないからただのニャンコズなんだけど、ついつい仔ニャンコズと呼んでしまいます。

4匹は一緒にいるのだけど、お母さんのはっちゃんはというと。

もう一緒じゃないの

ついに、子別れの時期が来てしまいました。

ついこないだまで、5匹一緒に猫団子になって寝ていたのに、今ははっちゃんはどこかで独り寝をしているのです。

寂しい

そう、はっちゃんの子別れは、子供たちにシャーっとやって追っ払うというものではなく、自分が出てっちゃった、というもの。

出てったといっても、近所にはいるんです。どこにいるのかわからないけど。

そして、今のところは1日に1回、ご飯を食べにやってきます。朝だったり夜だったりまちまちだけど。

仔ニャンコズが玄関の外にいる場合には、彼らに対してシャーッと威嚇してから、家の中にスタスタと入ってきます。

022618.jpg

一人ご飯を食べるはっちゃん。ちょっと前までみんなで食べてたのにね。

そして、はっちゃんの食べ残しを狙うブンブン。

「残せ〜、残せ〜」と念を送っているんでしょうか。


022618c.jpg

これは別の日の、お腹いっぱい食べてボタ餅みたいになったはっちゃんと、はっちゃんの食べ残しを食べてよし、の許可が出てイソイソと食べ物に向かうブンブン。

022618a.jpg

こちらは昨夜。ずいぶん夜も更けてからやってきたはっちゃん。

一人で寝るのはずいぶん寒いんでしょう、ストーブの横で爆睡しています。

こんなのは初めてです。

ここで1時間ほど寝た後、外に出ていきました。


そして、食べ残しの前で「よし!」の合図を待つブンブン。


それにしてもはっちゃん、お腹がかなりデカくなってないか??

もしかして。。。

はっちゃんの場合、妊娠じゃないのにお腹が大きくなったり小さくなったりするので(でもなぜだろう。。)、今回どうなのかよくわかりません。どうなのか。。。ま、そのうちにわかりますな。


ということで、5匹一緒にいる姿はもう見られませんが、自然の掟ですからそれは受け入れないとね。

仔ニャンコズの方も、お母さんが出ていってしまって、日に一度来るもののシャーっと威嚇されることにまだまだ戸惑いが見られますが、じきに慣れていくのでしょう。

022618d.jpg

農場主の膝にいる薄木(奥側)とキーちゃん(手前)。君たちもボールを取っちゃわないとずっと一緒にはいられないのかな。

みんないつまでも一緒に仲良く暮らせたらいいのに。色々と悩ましい春なのでした。

アキコ


Comment:0  Trackback:0
2018
02.25

〜種男が行く〜 近場編ご報告

Category: 未分類
今日、富士宮で行われた「富士宮母親大会」にお邪魔してまいりました〜。

母親大会、初めて参加しましたが、歴史のある活動だったということを知りました。

022518c.jpg

ちょっと書きますね。

「母親大会は1954年3月1日、アメリカがビキニ環礁で行った水爆実験によって焼津のマグロ漁船”第5福竜丸”が被爆し、久保山愛吉さんが亡くなったことをきっかけに始まりました。

広島、長崎に次ぐ3度目の被爆に母親たちは怒り、平塚らいてうさんら5人が世界に向けて”核戦争からこどもの命を守ろう”と呼びかけ、1955年第1回母親大会が開かれました。

以来、今日まで、平和・環境・教育・福祉など、様々な課題について学び合い、一人ひとりを大切にし、みんなが幸せになれる社会を目指して活動してきました。”静岡県母親大会”も、この歩みを共にして56年、毎年1500人以上の人が参加しています。」

ほぅ〜、平塚らいてう先生たちが。それは全く知りませんでした。

静岡県母親大会の本大会(というのか?)が5/13(日)にあるんだそうです。今日はそのプレ会みたいな感じだったみたい。

100名以上の方が来られましたよ。


022518.jpg

富士山麓有機農家推進協議会 会長の宮田さんのお話、始まりました。

たっぷり1時間お話をお聞きしました。

内容が盛りだくさんすぎてうまく書けないのですが、超超超縮めて言うと、「種子法ってのが無くなって実は相当ヤバいことになるので、先の世代のことを考えて、今できることをみんなで考えてやっていきましょう」ということ。

そのための方法はきっとたくさんあって、そしてその中の1つが、農場主が旗を振るシードバンクの活動。

種を守るだけじゃなくて、お野菜の多様性を守ること、地域の人々が「生きている」野菜を普通に食べられるようにすること、種から自給可能な街を作ること、諸々含んだ、奥が深い活動なのです。

農場主、登場〜。

022518a.jpg

見よ、この見事な落武者っぷり

022518d.jpg

Harmoniaから連れて行った種たちを披露する農場主。

実はこの時点でかなり時間が押していて、農場主がお話できる時間は限られていたのですが、

”種採りをしている農家にとって、種は子供みたいなもの。

種は家族、種はいのち。

いのちである種を守ろう、繋ごう”

という、非常に明確で明快なお話をしてましたよ。

こういうところ、理論ではなく、感性にダイレクトに訴えかけてくる農場主の話は、お母さん方にとってとても響いたのではないかな〜。

シードバンクの活動を何らかの形で応援したいと思う方は手を挙げてください、という農場主の問いかけに、会場内かなりの数の手が挙がっていましたものね。

最後は質疑応答の時間。

022518b.jpg

今日参加されていた方々は、きっと5月の本大会でスタッフとして参加されるような方々が多く来られていたのだと思います。だから、そもそもが問題意識を持って、かつ、何か行動を起こそう、と思われるような方々が多かったのではないかと。

そういう方々と一緒に何かを進めていけたら素敵ですね。

そして、宮田さんが言っておられましたが、「今日ここに来てない人たちを変えたいんです」

そうですね。まだまだ、当事者意識を持っている人たちは少ないでしょう。種子法が無くなるって、実は他人事じゃないのよ、っていうことが、ちっとも報道されないこともあるでしょうし、自分の生活には関係ないと思っていらっしゃる方がほとんどでしょう。

気づいた人から伝えていけばいいんです。その波は波紋のように広がっていくんです。

行動を起こすのは、不安や恐怖からじゃなく、愛と情熱からね。

だって種採りは単純に、とても素晴らしい命を繋ぐ行為だもの。そこに愛と情熱のエネルギーが加わったら、そりゃあもう恐いものはないと思う次第です。


ホントはね、農場主に種の記事を書いてもらいたいんだけど、

今のところ「ボクが書くと終わらないから」と言ってます

超連載でいいじゃん。きっと読みたい人いると思う。

と言いつつ、明日は久々ニャンコネタで〜す

アキコ

Comment:0  Trackback:0
2018
02.23

種男が載る

Category: 未分類
先日農場主がおでかけしていった春野町でのイベント、静岡新聞に載りました。

022318a.jpg

「在来植物の種を交換」って記事ね。

寄ります。

022318b.jpg

農場主の名前も出てますね〜。

種について興味を持ち始める人たちがどんどん増えてくるといいなぁ


そうそう、これ↓

022318.jpg

農場主が種市でいただいてきた数種類の種のうちの1つ。

ポップコーン用のトウモロコシの種。

色合いが何とも美しいではありませんか

今年まきまーす

この種は、もともとエチオピアの出身なんだそうですよ。それを静岡県内で育てて種採りしているのだそう。

エチオピアってコーヒーが有名ですけども、コーヒー飲むときのお茶うけで出てくるのがポップコーンなんですって。

コメダでコーヒーに豆菓子が出てくるように、エチオピアではポップコーンが! 

栽培地が県内のどこかわからないけど、うちみたいな寒いとこでも育つかしら〜?

新しいものを播くときっていうのはいつもドキドキしますね。あ〜〜〜早くまきたい

アキコ

Comment:0  Trackback:0
2018
02.21

メランジェさん

Category: 未分類
022118b.jpg

数日前の朝。寒いけどキリっとした空気がいい感じでした。

何だか寒かったり暖かかったり、ものすごい揺さぶりですよね、最近。

これも二極化が進んでいるってことの1つなのか!??

お富士は変わらず雄大でございます

022118c.jpg


さて、Harmoniaは2週に一度、東京 五反田のビストロ・メランジェさんにお野菜をお送りしてまいりましたが、ちょうど本日メランジェさんに到着する分をもって、いったんお野菜のお届けを休止することになりました。

メランジェさんのシェフが、独立を視野に入れつつご退職されることになったのです。
シェフ〜、応援してますね

シェフは、農場主がお野菜と一緒にお届けしてきた手紙を毎回じっくり読んでくださっていたそうです。そこには、農場主の熱い思いが書かれていたのね〜。もちろん種の話よ。長連載だったらしい(私読んでおらず

Harmoniaとお仲間たちの富士宮野菜を食べたい方は急いでメランジェさんにGO


最後に、今さらになってしまったけど、去年の9月にメランジェさんにお邪魔したときに出していただいた、Harmoniaのお野菜たちを使ったプレートを2品ご紹介。

022118a.jpg

100年インゲン、キュウリは上高地、四葉、地這いの誰だか覚えてない、、、そしてレッドムーンとキタアカリのチビッコ。

022118.jpg

Harmoniaチェリートマトと和尚オクラの入ったパスタ。これに、白糸唐辛子で作ったホットペッパーソース(青)を回しかけていただいたら絶品でしたよ。

機会があったら、完全ベジプレートにも挑戦していただきたいなと思うわたくしでありました。

今後お野菜のお届けを再開する場合などはまたお知らせしますね。


上の写真を見ていたら、100年インゲンや和尚オクラ、Harmoniaチェリートマトがものすごく食べたくなってきました。

今は2月。私たちの種まき開始は4月。収穫開始は早くて7月。

はーーやーーくーー たーーべーーたーーいーーー

本物は時間がかかるんです。ときを待て。ってね

アキコ

Comment:0  Trackback:0
2018
02.20

〜種男が行く〜 近場編

Category: 未分類
2/25(日)に行われる富士宮母親大会で、農場主がちょぴっと話します。

022028_convert_20180220165534.jpg

メインでお話されるのは、富士山麓有機農業推進協議会の会長も務める、なごみ農園の宮田さん。大御所です。

宮田さんが45分ぐらいお話した後、宮田さんとパルシステムの方、そして農場主が3人で30分程度お話するらしい。

どんなお話になるのか!? お近くの方はぜひどうぞ〜。

今回は私も行きます。母親じゃないけど、誰でも参加できると書いてあるので行ってみます!

みんなの話ももちろんだけど、「ダイナミックダンス」っていうのにも興味津々です


そして、先の話ですが、5/12(土)に、なんと!種男は栃木県さくら市で種のお話会を開きます

私も一緒に行くのですが、なんと!参加者の方にハート瞑想をガイドすることになりました

何というありがたいお話

わ〜。一体どんなことになるんでしょうか。詳細決まりましたらお知らせしますね。

アキコ

Comment:0  Trackback:0
2018
02.19

〜種男(たねお)が行く〜 春野町ご報告 

Category: 未分類
昨日の日曜日、農場主は浜松のおく〜〜の方の春野町へ出動しましたよ。

春野町、標高800m以上らしい。Harmoniaのところよりも更に200m以上標高が高い!=寒いじゃん。

にもかかわらず、昨日はたくさんの方々のあったかい思いで、種市は盛り上がりを見せたそうですよ。

021918e.jpg

種のトークライブ中の農場主。被っていった帽子がちょっとその場の雰囲気に合わなくて脱いじゃったそうです。ということで、デリケートゾーンがあらわになっとります ちょっと落ち武者っぽいです

021918d.jpg

当初2人で話す予定だったのが、4人でのトークライブになったそうです。

皆さん真剣に聞いてくださってますね。農場主の種の話、私も聞きたかった


昨日持っていった、チーム富士宮の「オール自家採種の野菜たち」

021918c.jpg

Harmoniaからは、白糸とうがらしで作ったホットペッパーソース(青)を連れていきましたよ。あとのお野菜は有機の仲間たちのもの。

すごくないですか!?これ全部種採りして命を繋いでいる野菜たちなんですよ。自家採種している有機の仲間たちが地元にいるということだけでも本当に素晴らしいことだと思います

お野菜は完売だったそうですよ。パワフルさが違う自家採種の野菜、みなさん味わって食べてくださいね〜。


そしてこちらは種の交換会の様子。

021918b.jpg

021918a.jpg

いいですねぇ。命の種があちこちに広がっていく。

021918.jpg

これは農場主が持っていったHarmoniaの種たち。100年インゲンやキュウリ、大根、黒大豆、和尚オクラなど10種類。仲間の自家採種の種も持っていきました。どんな人たちがどんな風に育ててくれるのかな。想像するだけでニッコリホッコリしますね

色々な方々との出会いもあり、農場主は満喫して帰ってきたそうですよ。えがったなす〜。

来週は農場主は富士宮で種のお話をします。今度は先輩農家さんと一緒。詳細は明日お知らせしますね。

アキコ


Comment:0  Trackback:0
2018
02.15

おまめさん

Category: 未分類
冬場の大事な仕事のうちの1つ。

大豆の脱粒です。

販売用にたくさん作っている農家さんでは、当然機械を使ってあっという間に脱粒するのですが、Harmoniaのように、お味噌にする分や煮豆で食べる分、つまり自給分だけ作ってます、というようなところはあくまで手作業。

そしてこの手作業は結構楽しいのです

あ、2人以上でやる場合ね。1人でやると、これはそうね〜、修行?

ふみっふみ〜♫

021518b.jpg

カラカラに乾いたサヤから大豆が飛び出してきます。ザクザク、バキバキという音を聞いていると、どこからともなくやる気がわいてきます。

大きなガラをよけたら、つぶれなかったサヤを手作業で確認してサヤを開けていきます。

021518c.jpg

あとは道具の出番。

竹の手箕でゴミとお豆さんとを選別。

021518d.jpg

パチンコ玉が転がるようにね、と教えてもらって私もやるものの、ちぃとも転がっていきません。

むしろゴミだけが前に動いていく。。。なんじゃこりゃ!

手箕の使い方教室、地元のおじいちゃんやおばあちゃんやってくれないかしら。

農場主に代わってもらってフゥフゥとゴミを風で飛ばしたりしつつ無事に選別終了。

021518e.jpg

この日脱粒したのは小糸在来という種類。あと一部黒大豆が混ざりました。

小糸在来はもともとやや小粒ちゃんです。

何種類か作っている大豆、昨シーズンはいい出来だったのだけど、終盤シカにかなり食べられてしまいました

でも小糸だけでこれだけ取れれば御の字です。

畑の神様ありがとう

さて寒いうちにお味噌を仕込みますかね

アキコ

Comment:0  Trackback:0
2018
02.09

暦上では春でも。

Category: 未分類
寒い日が続きますね〜。北陸の大雪は大変ですね。

020918e.jpg

少し見づらいけど、向こうの山はこないだの雪で頭が白くなったままです。

こちらは雪は全然たいしたことないけど、寒いんです。

最低気温マイナス10度超えの日々です。

まさに静岡の北海道

畑もこんな感じ。

020918d.jpg


ガチガチに凍った地面はいつとけるのかな。

そんな中でも、みんな静かに寒さの中にただいます。

020918b.jpg

ソラマメ〜。この子たちは元気。

ちょっと元気なくなってきたのが絹さや。

020918a.jpg

右側の子は、私はここでおしまい、な感じでしょうか。または、春になって復活してくるかもしれません。

復活しない場合は、土に還り、他の子の栄養となって支えてくれるのです。ありがとう。


お次は結球しないハクサイのべか菜。

020918c.jpg

外側の葉っぱはもう枯れてるけど、内側はしっかり生きています。

昨日は少し収穫しようかと思っていたのですが、この姿を見ると、農場主も私も、収穫できなくなっちゃうんですよね。

だって寒い中しっかりと生きているんだもの。このまま残しておいて、春に花を咲かせておくれよ、それを見せておくれよ、と思ってしまうのです。


今年の寒さがひときわこたえていそうなのがニンニク。

020918.jpg

すごーく顔色悪い

でも大丈夫、春になれば青々した葉っぱが出てきます。


静かな静かな畑で、ただひたすら寒さの中でじぃとしているベジたち。

彼らは頑張ってるつもりもなく、ただそうあるんですよね。

時折、ニンジンや大根、キクイモや菜っ葉たちの生命力を分けてもらいます。

ものすごくパワフルだからごく少量で満たされます。

みんなありがと

自然に感謝の気持ちがわいてくる真冬の日なのでした。

アキコ


Comment:0  Trackback:0
2018
02.06

♫しみじみ〜呑めば〜

Category: 未分類
昨日は骨休みディ。

このところ忙しかった農場主とは3日ぶりに一緒の晩ご飯

ということで、夕方早めの時間から日本酒で乾杯。

♫肴はあぶった〜イカでいい〜♫

020618.jpg


八代亜紀さんの唄っているこの「イカ」は、スルメっていうよりも一夜干しなんじゃないか?とどうでもいい思考が湧いてきます。


飲みながら、撮りためてあったブラタモリを一気見。

020618a.jpg


危険なくらい美味しい日本酒で、ツルツルと飲んでしまいましたら、久々にやっちまいました。

中盤から記憶がない

何も思い出せません

でも何だか胸のあたりはスッキリしています。きっといい時間だったのでしょう


今朝起きて、(昨日作った煮物、美味しそうにできたけど食べなかったな〜)と思いながら鍋を開けたら。

半分に減ってました

食べたんかい!!!

あらやだ〜。困る〜

農場主は飲み会ではいつもこうなので、ちょっぴり農場主の気持ちがわかった気がしましたよ

アキコ


Comment:2  Trackback:0
back-to-top