2016
06.28

タネオとタネコ

Category: 未分類
昨日は田植えが昼過ぎで終了したので、午後はドクダミの収穫と種採りをしましたよ。

062816.jpg

ドクダミの独特の香りが苦手な方もいると思いますが、干すと香りは気にならなくなりますね。

ノコガマで刈って、干しやすい量で束ねていきます。

062816a.jpg

あら農場主、ドクダミのブーケだね

062816b.jpg

30束ぐらいできました。ハウスで干してから使います。

何に? 主には入浴剤にします。めっちゃめちゃ温まるので、冷え性の方にはおススメですよ。

それにしても使い切れないよね。ドクダミ茶にして飲みますか。

飲んだ事ないけど。。。おいしいんだろうか。。。まぁ薬草だものね、身体にはいいんでしょうね。


ドクダミ刈りの後は、種男と種子の時間。

ワサビ菜と大根各種(宮重大根、源助大根、女山三月)の種を採りましたよ

源助大根は今年初めて種を採ります。嬉しい ついに種が採れた。

見てみて!種をつけた大根ですよ。

062816c.jpg

通常、このぐらいの時期になると、大根の実の部分はもう土に帰ろうとしていて、スッカスカの繊維だけが残っていることが多いんだけど、源助たちはなぜかほとんどの株でしっかりと大根の実が残ったままでした。

さすがにもう食べられはしないけど、ものすごい生命力だね

実が残ってるから、どの大根を選別して種を採るべきか一目瞭然でいいですね。

大きさや形が自分の好みのものを選んで種を採っていきます。なので、超チビッコ大根はここでお別れだね。

でもね、、私見てしまいました。農場主が、超チビッコ大根の種をこっそりと採って、大きな大根の種の下に隠したのを。

選別のできない種男です

062816d.jpg

源助、いっぱい採れました 8月にいっぱい種まきしますよ

プックリとして短くてかわいい源助大根、今年はお楽しみに

アキコ


スポンサーサイト
Comment:2  Trackback:0
2016
06.27

終わった♪

Category: 未分類
今日も気持ちよく晴れてくれました

062716.jpg

昨日ほど気温も上がらず、高原の爽やかな風が吹き渡る1日でした

さーて、今日は2人で朝早いスタート。

田植えラストデイです。

062716h.jpg

あ〜、やっぱり楽しいなぁ


先月、ワークショップご参加の方からいただいた貴重な貴重な稲、イセヒカリ。

うちの田植えがまだだったので、しばしバケツで過ごしてもらっていたのですが、今日めでたく田んぼにお引っ越しとあいなりました。

062716b.jpg

立派に分けつしてますね。見ていて惚れ惚れするような姿です。

062716c.jpg

計11本、しっかりと株間を取って植えます。何だかありがたくって柏手打ってしまいました


そして、ついに、田植えが終わりました

062716d.jpg

研修生ブー、終わったよ!!

062716e.jpg

喜びのあまり泥で落書きされとります


さ〜、水を入れますよ〜

大たんぼの東側、うんうん、地面ヒタヒタぐらいまで水が入りました。こんなもんでいいんです。

062716f.jpg

あれ?

062716g.jpg

大たんぼ西側。

水が上がってきませんが??

農場主〜?

062716a.jpg

モグの穴があって水が抜けていっているみたい。

穴をつぶして待ってみますが、やっぱりまだ溜まらない。

むー、これは田んぼの中に複数のモグ穴があるんですねきっと。

足で探してつぶしていかないとね

アキコ


Comment:4  Trackback:0
2016
06.26

あと一息

Category: 未分類
久々に朝から良い天気

062616.jpg

これまた久々に朝からクッキリと富士山

062616a.jpg


まさに田植え日和であります

本日は研修生のM嬢も参戦

農場主に、田植えの手ほどきを受けます。

一般的な田植えとは勝手が違いますからね、ふむふむ、と聞いております。

062616b.jpg

そしてやってみます。

062616c.jpg

感覚がつかめるまで少し時間がかかりますが、慣れてくるととても楽しい時間です

もう一人の研修生ブーは、お友達からいただいたパラソルの下でくつろぎ中

062616d.jpg

よかったね。って、せっかくパラソルあるのに何で日なたに出てるの


パラソル越しのM嬢と農場主の姿が何ともいい感じ

今日で田植えを終える予定でしたが、残念ながら全部はできませんでした〜

手植えって時間かかる。

そして、不耕起の田んぼの田植えって時間かかる。

更に、苗取りが時間かかる。

これはね、種籾の量をきっちり計算したはずなんだけど、どういうわけか妙に苗が多くってなので、苗の中から大きめのものを選抜する作業がプラスされているというわけです。

もう大変〜 でも楽しい〜 けど大変〜 それでも楽しい〜

ドッタンバッタン行ったり来たりの感情の波に翻弄された1日でした

そして、手作業でのお米作りの大切さを改めて感じた1日でした。

さ、明日こそ田植え終了しますよ〜

アキコ



Comment:2  Trackback:0
2016
06.25

畑はどうなった

Category: 未分類
最近田んぼのことばかりで、畑の野菜たちがどうなっているかあまりお知らせしていませんでしたね。

何種類かご紹介しまーす。

まずは白首夏大根

062516b.jpg

ワサワサと元気に成長中です。

既に我々間引き菜をいただいております。みずみずしいおいしさが何とも言えず幸せ感をアップさせます

お次はインゲン

062516d.jpg

これは”100年インゲン”です。期待の星”まんずなる”は種蒔きが早すぎて寒さで成長が止まり、その止まった間にほとんど虫に食べられてしまいました 種のまき直しをして、それらが今成育中。だからまだチビよ。

今年は今までやっていたハウスでの育苗をやめましたでしょ、露地での苗床だったり畑への直播きだったりで対応しているのですが、多くの品種で、種まきの時期が早すぎたみたいです。

一応、ハウスと露地の温度差を考慮に入れて種をまいたのですが、Harmonia畑の横を流れる川は富士山の雪解け水。イコール、1年を通じて水温は12~3℃と冷たい。この冷たい水の影響が大きくて、なかなか地温が上がって来ないのですね。

ということは、夏野菜の成長に大きな影響が出る。

今までは、踏み込み温床でヌクヌクのベッドを作って育苗していましたからね、5月になっても地温が上がって来ていないなんて考えもしなかったのですね。

何でもやってみないとわからないものです。


続きます。

こちらはキュウリ。えーと、誰だったかな。上高地、かな。

062516a.jpg

若干成長が遅めですがキュウリはこれからの追い上げがすごいので心配なし。


チビッコのオクラ。

062516.jpg

オクラも、直播きだと種まきは5月下旬でも早すぎみたいです。

悩ましいなぁ。。。オクラ早く食べたいのに。


062516c.jpg

これは食べる用じゃありませんよ 種採り用のソラマメです。

本当は、さやが真っ黒になってから取るのですが、うちの畑ではそこまで待っているとカビちゃったり虫に食べられちゃったりするので、このぐらいで採って家で乾かします。

これと同じぐらいの量があと1回採れると思います。来年はソラマメ祭りができそうです。

ソラマメ好きな方、来年6月前半に食べに来てくださいね

アキコ


Comment:2  Trackback:0
2016
06.24

田んぼ続報

Category: 未分類
夏至を過ぎたら空気がいきなり夏になりました。

062416.jpg


昨日ようやく全部の小麦の収穫が終わり、引き続きせっせと田植えをしております。明後日の日曜日には田植えを終了したいところです。そして大豆をまいて、ジャガイモを掘って、種採りもして。

はっ!!

苗床で定植待ちの方々が。

062416b.jpg

万願寺唐辛子!

062416c.jpg

こちらは各種トマト!! どこ?って聞く事なかれ。画面全部、トマトだらけなのです

みんな、田植え終わるまで待っててね


今年初めて作っているトマトの”ブラジルクック”。

062416e.jpg

ピントが合っていませんが、花を咲かせ始めました〜 

この品種はもしかしたらうちの多湿の畑でもやっていけるかも知れません。期待大


さぁ、残りの田植え頑張りましょう。

062416d.jpg

Harmonia田んぼ、小さいのと大きめのと2つありまして、小さい方はもう植え終わって水が入っています。

062416a.jpg

皆さんが見慣れている田んぼとは全然様子が違うでしょう

耕さない田んぼってこんな感じです。そして、浅水なのです。

まだ稲がどこにいるかわかりづらいですね。

というか。

水が入れば、セリ以外の草は枯れて行くはず、だったんだけど。

ギシギシが枯れない これは想定外でした。
あちこちに生えてて、でっかくなる草だから、何度か草刈りしないとね。

私が田植えできるのはあと1日。楽しもうっと

アキコ


Comment:2  Trackback:0
2016
06.22

TA NE O

Category: 未分類
一昨日の染色ワークショップで、とても嬉しいことがあったのでした。

ワークショップは富士宮市内のカフェで行われたのですが、そのカフェのオーナーさんが、私たちが自家採種した種を播いていてくださったのです

どういうことって?

話は2月(確か。笑)にさかのぼります。

Harmoniaが所属する、富士山麓有機農業推進協議会っていう団体があるのですが、その協議会は毎年映画祭をやっているのですね。

今年の映画祭では、遺伝子組み換えに関する映画が上映されました。

062216b.jpg

大切な「種」を守らなきゃね、ってことに関連して、映画の上映後、農家が自家採種している種を無料配布したのですね。

農場主は、皆さんご存知のとおり「種男(たねお)」ですから、差し上げる種はたくさんあります。

持っていったのは、マッツワイルドチェリー、島村インゲン、キュウリは誰だったかな。。。
それぞれ、80セットぐらい作っていったように記憶しています。

062216a.jpg

手前のビニール袋に入っているのが種ね。となりのサヤや後ろの絵は賑やかしです。
左奥のビンに入っているのは他の農家さんたちが持って来た種。

とってもたくさんの方に興味を持っていただいて、それぞれに種を持ち帰ってもらったのです。

062216.jpg

「いつまいたらいいですか」「どうやったらいいですか」
皆さんからの質問に丁寧に答える山男農場主。

用意していった種は全部なくなり、足りないぐらいでした。

どなたが持っていってくださったのかがわからなかったので、その後皆さんが播いたのかどうか?もわからなかったのですよね。

で、種を配布した記憶が薄れていた一昨日。

”家庭菜園でHarmonia産の種を播いて、みんなちゃんと育っている”という素敵なお話が聞けたのです

さらに、まだ食べていないそうですが、インゲンはちょうど初収穫したところだったそうです。

素敵 素敵すぎる

種でつながって種が広がって種が繋がって。

ぜひぜひ育てた野菜から種を取って次に繋げてもらいたいものです。
そして、その種をまた誰かに分けてあげて欲しい。

5年後には富士宮じゅうにHarmoniaのマッツやインゲンが増殖するかもね
作り手や作った場所によって味が違うだろうから、できた野菜をみんなで持ち寄って味比べ、なんて面白いかも知れませんね

アキコ



Comment:0  Trackback:0
2016
06.21

初めての染色体験

Category: 未分類
今日は午前中カイロの仕事の方をお休みして田植えをする予定だったのですが、夜中からザン降りの雨
さすがに大雨の中ではね。。。泣く泣くあきらめました そしたら、正午前に雨は止みました。ズルッ

で、今日は昨夜の話を。

昨日、農場主と私は早上がりをして、山を下りて久しぶりに2人で町に出たのでありました。

前から興味のあった染色のワークショップが開かれることになって、いそいそと出かけていったのです

今回、玉ねぎの皮で染めるんですよ

今年ね、あちこちで玉ねぎが”とう立ち”してしまったという話をしましたが、その売り物にならなくなってしまった玉ねぎの皮を使って染めよう〜、という企画。この玉ねぎ提供者が、ご近所に住む先輩農家さんだったご縁で、今回のワークショップの話を聞いたのです。

さらに!染色で使うのは皮だけだから、実の部分は料理に使おう〜。これまた行き場の無い鹿肉さんをいただいてハンバーグを作ろう〜、という、何とも豪華な企画でした

今回染めるのは、用意していただいたシルク。4種類の中から好みの1枚を選びます。

062116.jpg

ビー玉やピンポン玉と輪ゴムを使って簡単絞りを入れます。

062116a.jpg

これは農場主の。下に見えてるストライプの白い布が私のです。ストライプをそのまま生かしたかったので、私のは絞り無しにしました。

062116c.jpg

しばらく水につけておいた布を、媒染のミョウバン液にしばらく浸しておいてから染めに入ります。

結構熱い玉ねぎの煮汁に布をくぐらせます。

062116j.jpg

一瞬で染まった しかも黄色い

皆さん次々に染めていきます。全員終わったら、すすいで干しておきます。

062116d.jpg

みんな絞りの柄が違ってて面白いですね。そしてどれも綺麗

さて、後半はハンバーグ作りですよ。鹿バーグね。

みんなでコネコネ。。。

062116e.jpg

焼いてもらいました。

062116f.jpg

更に鹿肉カレーまで

062116h.jpg

お肉は全く臭みがなく、柔らかくてとってもおいしかったです カレーも美味

めちゃめちゃ堪能したワークショップでした


干してた布は、完全には乾かなかったので家で追加干ししました。

062116i.jpg

綺麗 もう一度言いますけど、玉ねぎの皮ですよ!? あぁ素晴らしいなぁ 何か染色にハマりそうです

右側のストライプの方は、照明のシェードカバーとして使おうかな、と思っています。
どんな風になるか楽しみです。

アキコ


Comment:2  Trackback:0
2016
06.20

稲作プロジェクト

Category: 未分類
今朝はこ〜んな濃霧でした。

062016.jpg

畑、前が見えるだろうか、、と心配しておりましたがその2時間後。

062016a.jpg

まさかのピーカン いやいや、ここまで天気よくなくていいのだけど?

本日は田んぼディ。

農場主は、ライ麦が植わっていたエリアの畝を崩しています。

062016b.jpg

数年前に畝を作ったときには、まさかここが水田になるなんて思わないから、しっかりと高い畝にしたのでした。

今やその高さが呪わしい農場主 「誰?こんなしっかりした畝作ったの」なんてボヤきながらの作業です

私は田植えをしながら並行してある大切な作業を。

062016c.jpg

これです。

トリさん柄の新しいモンペを見せびらかしてるわけではありません

これはね、モグラの穴をかかとでつぶしているところです

水を入れる前に、きっちりとモグ穴をつぶしておかないと、水がダダ漏れになるのです。

だから、田植えをしながら、モグ穴を発見してつぶしていくわけです。

これは、手と足の感覚がモノを言う作業。私たちも、6年前に八ヶ岳で自然農を教わったときに初めて教えてもらった作業です。そのときはね、「なんで歩いただけで土の中にあいてる穴がわかるの!?!?!?」とビックリしたものでした。
その感覚が全くわからなかったのです。

でも、感覚って増すというか拡大していくものですね。今や、「おっ、ここにも」なんてわかるようになりました。

楽しい楽しい田植えの作業大切に植えていきます。

062016d.jpg

でっかいのは何と1本で植えるんですよ
これがどのぐらいに分けつするんでしょうね、楽しみです。

あれ。。。

向こうでヘンな人が踊ってる。。。

062016f.jpg

何?チア

062016e.jpg

畝のならしが終わったところに、よけてあった麦ワラを戻す作業でした。

暑さにやられたかと心配したよ

062016g.jpg

ライ麦があったところはこんなふうになりました。

う〜ん、いい感じ

まだ崩すべき畝が残っているので、農場主に頑張ってもらって、私は植える方を頑張ります

アキコ


Comment:0  Trackback:0
2016
06.19

南部小麦収穫!

Category: 未分類
今日は夕方まで梅雨の中休みでした。

061916d.jpg

田植えは雨でもできるから、晴れてるうちに南部小麦の収穫。

061916a.jpg

麦は今年3種類作っています 
裸麦、ライ麦と収穫してきて、南部小麦が最後。そして、一番収量が多いです

4反の中であちらこちらに点在していまして、収穫は当然手刈りです。

ノコガマで刈っていきます。ザクザクいう音が何とも耳に心地よいです

061916.jpg

束ねて、ハウスで乾燥させます。

061916c.jpg

よいしょっと。

一番広い面積の刈り取り後の姿。

061916b.jpg

この後は秋冬野菜を育てますかね。

乾燥させた麦は、頃良きときに脱穀して、そして製粉します。

友達農家から足踏み脱穀機という人力の機械を借りることにしたので、南部小麦はそれで脱穀します。

その後の製粉はですね〜、小型の製粉機を買いたいとこなんですね〜。食べる分ずつ粉にしていくのが一番おいしいから。
ホントは石臼が欲しいけど、さすがに手では挽いていられないよねぇ。水車が欲しい。

パン、ピザにパスタ、うどん、お好み焼きやら揚げ物の粉。用途は広いですね。

小麦作り3年目にして初めて食べられるところまでやってきました 嬉しい
今までは種の確保で終わってましたからね。

何から作る?農場主の田舎パンかな? または手打ちの生パスタなんてどうでしょうか

って、まずは脱穀からだよ

アキコ


Comment:4  Trackback:0
2016
06.18

梅雨の中休み

Category: 未分類
真夏のような暑さですね みなさん熱中症にはお気をつけくださいね。

さて、お昼の暑さが厳しくなってきたので、農場主は夏モードに切り替えています

朝は今までよりも早く畑に出て、お昼に一度ログに帰ってきて少し長めのお昼休みを取る方式。
これで炎天下の畑に出るリスクを回避します。じゃないとねぇ、もたないもの

お昼を食べた後は少し横にもなれるしね。

そして、横になった農場主を逃すわけはないこの方。

061816b.jpg

何よ。甘えてるんじゃないわよ。あたしがゴロゴロ喉を鳴らす音で癒してあげてるのよ。


空梅雨との声も聞こえますね。うちの方は山の天気なので、降る予報でなくても降ったりします

貴重な晴れ間には田植えを中断して収穫作業などを優先させないとね。

061816.jpg

ニンニク、掘り上げました〜。例によって大きいものは種に回しますので、チビっこをお届けします


061816a.jpg

背の高いライ麦もいよいよ収穫期。今までスックと立っていましたけど、最後は腰が弱くなって寝てくるのですね。

刈り取ってしばらく干してから脱穀します。

明日は私も畑へ。田植えかな?南部小麦の収穫かな?支柱立てかな?ジャガイモ掘りかな?草刈りかな? 
分身の術が使えたらいいねぇ

アキコ

Comment:2  Trackback:0
back-to-top