2015
11.28

氷点下

Category: 未分類
こんばんは、農場主ですぅ。
来ましたね〜氷点下!
ジャーン!霜柱〜
20151128-1.jpg
なんで素足なのに楽しそうなのか?  霜うまそ〜 ←ラブ
20151128-2.jpg
今日もラブと鼻水垂らしながら畑へ。
きましたよ〜 ジャーン!マイナス2度!
20151128-5.jpg
夏野菜のみなさんは全ておなくなりになりました。。。
20151128-3.jpg
ワイルドチェリー凍結。
20151128-4.jpg
万願寺凍結。
昨日収穫しといて良かった。。
里芋も葉っぱ凍結。
20151128-9.jpg

さあ!里芋の越冬です。
ひたすら掘り掘り!地道に掘り掘り! 植付けよりも大変なのです💦
20151128-6.jpg

里芋は栽培途中で土寄せをするのが一般的です。
生き物の自然な姿を尊重し人為的な施しをなるべくしないHarmoniaでは、子芋が地表に飛び出している株が幾つかありました。でも元気です。
今朝の寒さで少し凍みてしまったけどなんとか生きてます。ありがとう。
来年は深く埋めるかなぁ。
20151128-8.jpg


昨日掘った穴の中に里芋を50株埋め込み土と稲藁を被せて完了〜
20151128-12.jpg
来年の春にまた会いましょうね😀

日だまりで爆睡する研修生ラブ。。  一緒に掘ってくれ。。
20151128-7.jpg


夕日に染まる富士山
20151128-11.jpg
明日も晴れますね。

会長!薪割ってください!
20151128-10.jpg

Comment:2  Trackback:0
2015
11.27

寒!

Category: 未分類
農場主です。寒!
富士山すっかり冬化粧されましたよ。冬ですね。
20151127-8.jpg

鼻水たらしながら畑に行くと。来ましたよ〜 1度。。さみ〜
20151127-4.jpg

今日は里芋を越冬させる為の穴掘り。地中1mの穴に埋めて種芋を越冬させます。
いよいよ仕度ですね。
20151127-5.jpg
穴掘り完了!
明日残りの里芋50株程掘って埋めます。

明日の明け方は氷点下になりそうなので、万願寺とうがらしの残りを全部収穫しました。
凍みると溶けてしまうのです。
たくさん採れましたよ♡
20151127-3.jpg

そして選ばれし完熟種万願寺♡ 美し〜
来年に未来に命を引き継ぎます。ありがとう万願寺😀
20151127-2.jpg

Harmoniaのトマト、ワイルドチェリーも今年は明日で終わりかも。
元気に育ってくれてありがとう。たくさん元気をもらったよ😀
来年また会おうね。
20151127-6.jpg

命のリレー ありがとう

農場主


Comment:0  Trackback:0
2015
11.24

感謝祭ご報告

Category: 未分類
昨日、何と雨は一滴も降らず、素晴らしいお祭りとなりました。

よかったです〜
聞けば、今年で19回目ですが雨天中止になったことは一度もないんだとか

すごいですね。豊穣の神様が味方してくれてるんですねきっと

さて、Harmoniaブースのご紹介です。

朝8時半、会場入り。設営開始。

112315a.jpg

農家らしく、黄色いコンテナ(まんま”キーコン”と呼びます)やスダレを多用。
あとはログハウス作ったときの端材ね。

今年は今までと会場が変わって、牧場の牧草地をお借りしての開催。
今までもそうだったけど、足元がアスファルトじゃないから、それだけでも和むんですよ。


90分後、準備完了

112315d.jpg

細かいとこ見ていきましょう。


まず看板ね。

112315e.jpg

これ今年買った黒板。チョークで書けるのが欲しかったんだけど、ちょうどいいのが見つかりました。

書き直したところが消し切れてないけど、まぁご愛嬌で


お次はアートギャラリー。

112315c.jpg

112315i.jpg

楽しげに配置できました。しおりがかわいくて人気でした
男性2人が、「オレこれ〜」とか言って選んでました ほのぼの



野菜たち〜。

112315f.jpg

里芋一番人気。ほぼ同率でミックスマスタードリーフとわさび菜。たくさん買っていただきましたよ〜。


そして


ラー油とタバスコは


こんな感じにディスプレイされたのであります


112315b.jpg

楽しげ〜 手作り感満載〜。

現地入りできない会長と研修生もパネルで参加。

何だかとても皆さんの興味を引いたようで、早期に完売となりました
頑張って作った甲斐がありました

あ、「なんでラブじゃなくてブーなの?」と思われた方もいますよね。
いつも「ブーブ」と呼ぶようになってましてね、それでブー。 



最後は、いつものようにアフリカ太鼓に合わせて稲藁を持ってダンス。

112315.jpg

112315g.jpg



そして〆は”ふるさと”合唱、でした。

たくさんの方に来場していただいて、皆さん楽しんでいただけたようでよかったです。

私たち自身も大いに楽しみましたよ〜

今年来てくださった方は来年もまたどうぞ
来られなかった方は来年こそどうぞ

アキコ



Comment:0  Trackback:0
2015
11.22

いよいよ明日

Category: 未分類
天気予報はイマイチですが、いよいよお祭りは明日の開催です。

昨日は昼休み中に高速デザイン

112215.jpg

急げ〜

そして本日、畑に行く前にボトリング〜

ビンを洗剤で洗って煮沸して乾かしてからの作業。地道ね〜

タバスコ2種、生ラー油詰めたらこんな感じになりました。

112215a.jpg

あら、なかなかいい色合いじゃないの

会長の検査も合格、いよいよラベル貼り


できました

112215b.jpg

第一案、再度登場。

111815d.jpg

あはは 

一時はどうなることかと思いましたが、なかなかカワイイのが出来た気がする。
手作り感満載でね。

さて、これから残りの作業です。がんばっぺ。

アキコ


Comment:0  Trackback:0
2015
11.20

湖でお散歩

Category: 未分類
昨日の朝、畑に行く前に田貫湖に寄りました。

112015.jpg

ヒンヤリした空気を吸い込みます。

お、お富士の頭が白くなりましたね。

112015a.jpg

山の右側にモクモクと雲がわいてきています。生き物みたい。

紅葉もきれいでした

112015c.jpg

112015d.jpg


平日の朝7時だから、人もほとんどいないのですね〜。

これなら、他のワンコがいるとコーフンしすぎて吠えまくる黒い研修生も安心。

ピンと立てた尻尾を軽快に左右に振りながら、ゴキゲンにトットットットッと走ります。
ついていくの大変だわ〜。でも気持ちいいから案外平気


その後、モクモク湧いていた雲はそのモクモクさを増し富士山を覆い、更にはあたりは霧に包まれてしまいましたとさ

20分遅かったら何も見えませんでしたな。よかった

23日のお祭りに連れていく子たちが揃ってきました。

112015b.jpg

ラー油のラベルデザインはその後どうなったのか!? 続報を待て!

アキコ

お祭り情報はこちら→



Comment:2  Trackback:0
2015
11.18

続・美術部

Category: 未分類
昨日は富士山にカワイイ笠雲がかかってましたよ

111815.jpg

秒単位で雲の形が変わるから、一番カワイイのは逃しちゃったけど、何だかベレー帽をかぶっているようでしたよ。お富士も芸術の秋ね

今日は私はカイロの仕事の合間に美術部の活動。

111815c.jpg

イラストレーターを使って、農場主が描いた絵をスキャンして加工していきます。

イラレ使うのがあまりに久しぶりなものでね、トリミングの仕方すら忘れてましたわ

たくさんできました〜

111815b.jpg

これはね、カッターで切って穴をあけてヒモ通して、しおりになるんですよ。

フンフーンと作業していたら、農場主からメールが。

農場主は白糸唐辛子で作るラー油のラベルのデザインをしてましてね。
試案ができたということで送られてきました。

それがこれ。

ダーン

111815d.jpg

ひゃ〜〜〜〜

椅子からズルっとずっこけるようなデザイン

農場主、どこへ行くのだ。戻っておいで〜

ラベルデザイン、一体どうなるのでしょう。祭りは23日よ。

アキコ


Comment:2  Trackback:0
2015
11.16

美術部

Category: 未分類
わたくし昨日まで3日間オベンキョウに行っておりました。

帰ってくるといつも全てが新鮮なのですが、今日もそうでした。

111615.jpg

ついつい深呼吸したくなりますね。

留守の間にずいぶん木々の葉が落ちました。

111615b.jpg

踏み込み温床用と、畑にまく落ち葉を集めないとね。

近年「落ち葉ハンター(笑)」が増えてましてね。

軽トラック数台で駆けつけてはゴッソリ落ち葉を持っていくのです。

まぁ、落ち葉は誰のものでもないのだけど、山に返す分がなくなってしまうと、循環のサイクルが壊れますからね。

ひいては生態系に影響が出るので、そのあたりを考えてもらえるといいなぁ。

ね、お富士。

111615a.jpg


いいお天気だったので畑に行きたいところでしたが、来週に迫ったお祭りの準備をしないとね。

美術部が始動しましたよ〜。

111615d.jpg

農場主が書きためた絵。

額装するとまた違うものに生まれ変わりましたね〜。

額と絵の間のマットも自作というか、農場主が「斜めカッター」でキーコキーコ切ったんですよ。

絵のサイズも原版より小さくして。額がL版の大きさです。

1つ仕上げるのに結構時間かかります。

本日7作品仕上がりました。

見てるとね、あまりに素敵でかわいいので、「お祭りで誰かに連れていってもらいたいけど、家にも飾りたいからあまり売れなくていいかも。。。」

なんて矛盾した考えが錯綜してましたよ

サクっと作れればいいんだけどな。ま、手間隙かかるのが手作りのいいとこなんでしょうね。

アキコ

※お祭りは11/23です♪くわしくはこちら→

Comment:2  Trackback:0
2015
11.12

生姜

Category: 未分類
11月とは思えないような陽気が続いていましたが、ようやくこの季節らしい気温になりつつあります

ということで、自給用のショウガを掘りました。といっても1週間前の話だけど。

111215b.jpg

これ、土に埋まってるところです。

緑色で先がピンクのエンピツみたいのが刺さってますが、このピンクの下に今年できたショウガがついてます。

その下に薄茶色の塊が見えるけど、これが種ショウガね。ヒネショウガって呼ばれますね。

埋まったままだとよくわからないから、掘り上げてみます。

111215c.jpg

これだとわかりますでしょ〜

下の黒っぽいのが種で、その上に今年のショウガがついてる。

ショウガは、春に植えた種も食べられる珍しい野菜です。

というかですね。

ショウガの生態を考えてみると、ん?となります。

も一度上の写真見てくださいね。

種ショウガに対して、できたショウガは種の2倍までの大きさにはなってませんね。

うちの場合は無肥料ということもあるけど、そもそもショウガって5倍とか10倍とかには増えないのですよ。

となると、春から秋まで栽培して、収穫して、その年にできた新しいショウガは翌年の種として大切に保存し、古いヒネショウガの方を食べる、それが理にかなったいただき方なのかしら、と。

夏に新ショウガとして売り出されてるけど、新ショウガを食べるってもしかしてとても贅沢なことなのかもね〜。ショウガを掘りながらそんなことを考えていた我々でした。

111215d.jpg

これで1年まかなえるかな。ショウガはそのままだと長期保存が難しいから、スライスして天日干しして保存しようと思います。


麦チームも大きくなってます。

111215.jpg

こちらは小麦。そして、下はライ麦。

111215a.jpg

もう筋になってるからわかりやすいでしょ

暖かいから成長が早いけど、そろそろガツンと冷え込みが来そうですね〜。
冬支度しないとね。

アキコ



Comment:2  Trackback:0
2015
11.10

晴耕雨描

Category: 未分類
晴耕雨猫 もそそられますけど

昨日一昨日と 雨、霧、雨、霧、の富士宮

農場主はがっつりとミレー

111015.jpg

グラデーションマッツ


一度にずいぶん描いたね。

111015a.jpg


もっとたくさん描きたいそうですよ。

時間を忘れて打ち込めるものがあるって素晴らしいですね。うらやましいや

アキコ



Comment:2  Trackback:0
2015
11.07

干し柿

Category: 未分類
今年は初めて干し柿を作っています

毎年、あちこちで柿がぶら下がる季節になると、あ〜作りたいなぁ、と思っていたのですが、なかなかタイミングが合わず。

こないだ湧き水を汲みにいった帰り道、野菜の無人販売所にオレンジ色の塊が置いてあるのを発見。農場主と「柿だ!」と叫び、Uターンして50個の渋柿を500円で買ってきました

皮をむいて霧吹きで焼酎をふきかけてつるします。

110615c.jpg


写真は干してから4~5日経過したもの。

いくつかは渋を抜いて生で食べたので、もうちょっと欲しいな、、と思っていたら。

友達が渋柿を持ってきてくれました嬉しい

110615.jpg

デッキでショリショリと皮をむきます。40個近くあるから、1人だと時間かかるね。

むけた〜。

110615a.jpg

黒い研修生が何度もスンスンと匂いをかぎにきます。右側に写りこんでます。

これ甘くておいしいやつでしょ?ちょうだい〜〜

今食べたら口の中石になるよっ。

作業終了〜。

110615b.jpg

わたくし、大の干し柿好きなので、この光景を見ているだけでヨダレが出てきます

そして、最初に作った方はいい感じに水分が抜けてきています。完熟に近い状態で干したものは、外は干し柿の味、中はトロトロの超甘いレア、という、一度で二度美味しい味となっております。

え、何で知ってるのかって

わたし、我慢できずにつまみぐいしました
え〜、一番上の写真、5列あるうちの真ん中の列、一番上の柿がありませんでしょ?
わたしがちぎりました。研修生が歓喜の目で見ていたので一口あげたら、目を見開いて喜んでました「甘〜い」って

干し柿が完成するころには半分の数になっていたりして

アキコ



Comment:2  Trackback:0
back-to-top