2015
08.31

秋冬物

Category: 未分類
8月最終日の本日は、農場主どこだ〜い?と言わんばかりの深い霧。

083115.jpg

まぁね、ほぼ朝霧高原だからね。お肌が潤っていいじゃありませんか


早く種まきした小松菜の一種や水菜は虫たちがムッシャムッシャ食べてるらしいですが

こちらはいい感じに発芽しました〜

083115a.jpg

去年初めて作って、おいしかったので種取りをした「富士宮重大根」。

農場主がせっせと種蒔き会場をこしらえて、丁寧に&ランダムだけども等間隔っぽく種蒔きしたのです。

お仲間の農家さんたちはだいたい播種機で種蒔きするんですけど、Harmoniaはあくまで手でまく

一つのいのちが土に触れる瞬間なのでね、こんな素晴らしいこと機械にまかせちゃもったいない

と、わざわざ時間のかかることを選択する我々。
変わってるよね。けどそれがHarmonia流なのよ


こちらは育苗しております。白菜!

083115b.jpg

いい感じです。

もう本葉が2枚出てますので、間引きの時期です。

引っこ抜くと、残したい苗まで一緒に抜けちゃう恐れがあるので、ハサミでチョンチョン切るんですよ。

さ、間引き終わり。

083115c.jpg

引き続き富士宮重大根の種をまきますよ〜。

083115d.jpg

インスタントコーヒーかと思いきや大根の種が入っておりました。

すっごい量だね。農場主、同じ種が入った瓶あと1本家にあったよね。

その1本は来年のバックアップで残しておくんですって。

ふぅん、バックアップでいらなくなったらその種食べられないのかな?

素揚げしてみるか?  あ、ちょっと食い意地張ってしまいました

アキコ


Comment:0  Trackback:0
2015
08.29

Jalapeno

Category: 未分類
今年友人農家に苗をもらったハラペーニョ、自給用に栽培していたのですが、実がとれだしました。

082615.jpg

唐辛子よりも辛くないと言われたんですよね。
その友人農家では、刻んでチャーハンに入れたり、炒め物に入れたり、色んな食べ方をしているそうです。

そういえば、モスバーガーのスパイシーチリドッグに乗ってる緑のやつもハラペーニョですもんね。あれなら好き!私も食べられる辛さ~

どれ、と小さく刻んでみました。まずは農場主に食べてもらお

どう?

あ。。。無言?

顔が?

歪んでる?


辛いっ
痛いっ

どうやら、白糸唐辛子級の辛さらしい

     あれ級の辛いの2種類もいらぬわ〜


ということで。
Harmonia初のハラペーニョは激辛となりました
夏の暑さか、水不足か、無施肥だからか、その全部か、わかりませんけども。

そのまま料理に使うのは私がとうてい無理なので、ハラペーニョソースにすることにしました。

材料
■ハラペーニョ
■ 〃 と同量の酢
■ 〃 の10%の塩

ハラペーニョは種ごとザク切りにし、塩と酢少しを入れてバーミックスで混ぜま〜す。

082615a.jpg

残りの酢を入れて混ぜてできあがり。早い〜。自家用だし収穫したばかりだからヘタすら取りませんしね。

082615b.jpg


このまま1~2ヶ月熟成させます。
瓶の蓋はゆるめにしときます。

楽しみだな~。

冬に、白糸唐辛子でタバスコ作りましたけど、あれすっごくおいしくなったんですよ
辛いもの苦手な私が、ついついピザやパスタにかけたくなるおいしさ。
そう、旨味なんですね。確実にひと味違います。

試してみたい方もいるだろうから、今度の冬はタバスコたくさん作るぞ〜

え?なに、農場主?

今年は白糸唐辛子ができそうにない?

草に負けた?

。。。

 加工場、しばらく出番なさそうだねぇ

アキコ


Comment:0  Trackback:0
2015
08.28

福岡さんのHappy Hill

Category: 未分類
来ました〜っ

082815b.jpg

ミニ田んぼのハッピーヒル、ついに出穂(しゅっすい)しました

記念すべき1枚なのにピントが合ってない!

なんて残念な私

穂って、意外なところから出てくるんですね。
なんというんでしょうか、茎の中から、メリっと顔を出す、そんな感じです。

この後、花が咲いて実が入りだし稲穂が頭を垂れて黄金色になり。。。

収穫はいつ?

えーと、出穂期(全体の半分ぐらいが出穂した日)からの積算温度(日平均気温の積算値)が1100度、だって。

 わからん

あ、出穂期からの日にちの目安がありました。

早生(わせ) 35~40日  ←コシヒカリはここ
中出(なかて) 38~45日
晩生(おくて)40~50日  ←ハッピーヒルはここ

50日か。。出穂が始まったばかりだから、あと数日で出穂期を迎えるとして、10月下旬ですね。

その頃、このあたりはもう寒いけどなんとか頑張ってもらいたいもんです。

陸稲の方は、、、うん、みんなできる範囲でいいからね

アキコ


Comment:0  Trackback:0
2015
08.27

バトル勃発

Category: 未分類
何してるのよ!!早く種まいてきなさいよ!!!

うるさいですよ!!言われなくてもわかってますよ!!!

082715.jpg


 『 種蒔きの   タイムリミット  迫り来る

  白糸の朝   猫に怒られ 』 (詠み人知らず)


いや〜、それにしても会長こうして見るとちっこいですな〜

アキコ


Comment:0  Trackback:0
2015
08.26

肌寒い雨の日

Category: 未分類
おはようございます。農場主です。
昨日から今朝まで、雨がたくさん降りました。
昨日の気温は17度まで下がり、長袖が必要なひんやりとした一日でした。
これからまだまだたくさん種蒔きがある農場主。早い秋の訪れにあせりを感じます。
一昨日、毎年来てくれる応援隊が未だに掘りきれていないジャガイモを全て掘り上げてくれました。
20150826-1.jpg
深い草むらの中から探す様に芋掘りをしてくれる応援隊。

そして、冷たい清流で綺麗に洗ってくれました。
なかなか手が回らなかった作業に心の中に重苦しいものを感じてた農場主、すっと心が軽くなった一日でした。
感謝感謝です。
20150826-7.jpg
洗い終えたジャガイモ達。

20150826-2.jpg
じゃがいもを食べる時を心待ちにしてるオーガニック犬ラブ。いも掘ってください。。。

昨日は雨の中、ログハウスで大根の種を取り出しました。
6月に畑から採って来た「ふじ宮重大根」という品種。
昨年は出荷せずに種採り用だけに栽培して自家採種しました。
一昨日、応援隊が莢をあらかた踏み開けてくれたので順調に捗りました。
20150826-4.jpg
莢を更に細かく踏み砕いて、種を出してゆきます。

20150826-5.jpg
とうみでふるい分けてゆきます。地道で根気のいる作業。

20150826-6.jpg
たくさん採れました。
命の種を繋ぐ事の素晴らしさを感じ取る瞬間です。

さぁ、雨があがり畑は少しずつ雨水が落ち着いて、大根の種を迎える準備が整ってきました。
さぁ、これからこの種達と畑に行ってきます。

農場主

Comment:0  Trackback:0
2015
08.25

続・加工場

Category: 未分類
超ハイスピードで進むHarmonia加工場の工事。

部屋内を板張りしていきます。あ、大工さんがね

082415e.jpg

外も板張り。早いの何の。

082515z.jpg

そして屋根。仕上げ材を貼って外周ぐるりを鉄板で覆って終わり。

082515y.jpg

この屋根の作業、屋根職人さんが4人ぐらいドドっときて、午前中で仕上げて嵐のように去っていきました。きっと午後もう1つ現場行くんだね。

どーれ、中に入ってみましょう。

あ、手洗いと蛇口、それに換気扇がついてます。

082515x.jpg

立派な梁だね。

082515w.jpg

入り口の窓の向こうに見える赤茶色の物体はログハウスの階段。

082515v.jpg

木の香りいっぱいの空間ができあがりました

プロによる工事はここまで。ここから先、外壁の塗装と、流しやコンロなどの設備、収納家具などはHarmoniaでやるのですって〜。

えっ

農場主、聞き間違いかな。Harmoniaでって? 

誰が、いつ、やるの

外側はもうできちゃったけど、中ができあがるのは冬の話になりそうだね

それまで、もしかしてゲストの宿泊施設になったりしてね

アキコ



Comment:0  Trackback:0
2015
08.24

加工場 

Category: 未分類
遺跡ではなかったHarmoniaの加工場予定地。

その後どうなったのかといいますと。

プロの大工さんたちにより迅速に見事に工事が進められましたよ。

建て方〜。

082415.jpg


もう窓もつきました。屋根にはひとまずパネルと防水シートが貼られて。

082415a.jpg

ここまで1日でやっちゃったんですよ!!プロすごい


ふむふむ、外側も透湿性のシートで覆うわけですな。

082415b.jpg


中をのぞいてみましたよ。何だかワクワクしますね〜。

082415c.jpg

作業場から見たところ。

082415d.jpg

入り口は引き戸なんです。
開き戸の予定だったのですが、ドアが作業場の一部に当たってしまうことがわかって、急遽引き戸に変更。

ここから先は、大工さんコツコツと杉の板を貼っていくのですが、続きは後半にて

アキコ


Comment:0  Trackback:0
2015
08.23

どんな味かな

Category: 未分類
昨夜は朝霧高原で長渕剛さんのオールナイトライブが開かれておりました。

農場主も私もいつもと変わらぬ夜を過ごしておりましたが、もう寝ようかという頃、風向きが変わりまして、ライブ会場の音楽が聞こえてきましたよ〜 
ドラム、ベースがまず聞こえてきて、そして時折長渕さんの声

会場からHarmoniaのログハウスまでは10km以上あるのだけど、夜中は結構音が遠くまで伝わりますね。

何を歌ってるのかはさっぱりわからなかったけど、ちょっぴりライブに参加してる気分
農場主と一緒に勝手に”とんぼ”を合唱しときましたよ

会長、楽しかったですね〜。

そうね。でもあたしは夜通し起きてたから寝不足だわ

082315d.jpg

え、ずっと音楽聞いてたんですか。じゃゆっくり寝てくださいね。


畑では、桑の木の根元に種をまいたその名も「桑の木豆」がたくさん実をつけていますよ。

082315.jpg

桑の木にツルを巻き付けて育つって面白いですよね。支柱いらず。
桑の木豆は完熟のお豆を食べるのですが、去年は種取りしただけだったので、どんな味だかわかりません。楽しみです。

桑の葉っぱで休憩中のケロッピ。

082315a.jpg


今年農場主が試験栽培しているのが、ハウスでのトマト栽培。

082315b.jpg

ものすごいジャングルと化しとりますが

Harmonia、露地栽培にこだわって過去2年やってきていますが、トマトに関しては何種類作付けしてもマッツ以外出荷できていません 

とにかく湿気がすごいからね。自家採種を繰り返してうちの畑に合った強い品種を作ろうとしていますが、それは時間のかかる話なので、「どーれ、ハウスで作ったらどうなるんだべ」ということで今年試しています。

まだ収穫はできていないけど、ご覧の通り非常に順調に育っています。実は少しずつ赤く色づいてきています。

味はどうなんでしょうね。ハウスだとどうしても味が違うと言われるけど。これまた楽しみです。

農場主、頑張ってね〜。

ういっす

082315c.jpg

草むらのおじさんだねぇ

アキコ


Comment:0  Trackback:0
2015
08.22

会長のひとりごと:秋

Category: 未分類
ビーよ 久しぶりね。

082215.jpg

昼の日差しは強いけど確実に秋を感じるわ。

畑でも朝夕はもう秋の虫が鳴いてるらしいわ。
コオロギなんかすごい数らしいわよ。野良猫だったらコオロギ食べたりするんでしょうね。
あたしは高貴な出だからそんなことできやしないけど。

あら、知らぬ間に秋の実りね。

082215e.jpg

これはツブツブ雑穀チームの誰かね。

こんな小さいツブツブどうやって食べられるようにするのかしら?
あたしはね、今年はインテリアとして飾られて終わりじゃないかと踏んでるのよ
誰か賭ける?


これも秋を感じるわね。大きくなったカマキリ。

082215a.jpg

わかるかしら?この写真の中に3匹カマキリがいるのよ。
どうしてこんなに集まってきちゃったのかしら。
ヒマな人は探してみてね。見つかったからって何もプレゼントはないわよ。
え、正解発表?あたしがそんなことするわけないじゃない


あらいい風。少し横になりましょ。

082215d.jpg


酷暑も終わりね。アキコも少しずつ回復してるみたいだし、あたしは安心してお昼寝するわね。

ビー


Comment:0  Trackback:0
2015
08.19

鳥的芋

Category: 未分類
去年の冬に収穫した里芋。

畑に深い穴を掘ってそこに埋めて越冬、春に掘り出して種芋を植え付け、小さいものは自給用として少しずつ食べていました

いよいよそれも最後となり、親指と人差し指で丸を作ったサイズぐらいの一番小さいものが残るのみとなりました。

芋からは芽が出ているけど、土も水もないからもう成長はできません。

それがこれ

081915.jpg

何だかかわいくないですか!?

飛べない鳥、キウイみたい。

またはカラスのヒナ?

コウテイペンギンのヒナ?

いずれにしても、鳥っぽいですよね〜

私は鳥好きなので、これを見るたびにつまみ上げてはチュンチュンとか言って遊んでます
(↑

鳥の頭の部分は、親芋になる部分です。

一番下に種芋があって、その上に親芋ができて、その周りに子芋がつく。
里芋ってそんなふうになるんですよ。

この鳥たち(←違う)は、研修生のご飯になります。
ジャガイモと違って里芋は芽の部分も食べられますからね、他のお野菜とお肉、煮干し、お米と煮込んでおいしいごはんになるのです。

里芋たち、最後までありがと〜

アキコ


Comment:0  Trackback:0
back-to-top