2015
08.18

トンボに守られた農場主

Category: 未分類
数日前にようやく草むらから救出されたハッピーヒル 陸稲(おかぼ)。

081815.jpg

うん。。。

ちぃさぃね

もともとが晩生(おくて)の品種だから、じっくりゆっくりでいいんですけども。

ミニ田んぼのハッピーヒルと比べてその差は歴然としております。

そして、脳裏をふとかすめる嫌な予感。

”晩生ってことは、実る前に秋になってしまうんでない?”

最近朝晩めっきり秋めいてきてるもんですからね。

ま、やれるとこまでやってみましょう



〜農場主エピソード〜
イメージしながら読んでね〜

数日前のこと。

夕暮れ時、腰を下ろしてノコガマでせっせと草刈りをする農場主に、ブヨの大群が襲ってきました。

※ブヨは早朝と夕暮れ時に出没します。農場主は体温高いのですぐターゲットにされます

虫除けネットをしているのに、編み目をかいくぐってネット内に侵入する強者もいたりして、農場主はだんだんイライラしてきちゃいます。

そんなとき、周辺でいつもと違う音がします。

カサカサカサ。。。。バサバサバサ。。。

ん? 顔をあげて左右を見渡す農場主。

すると、銀色に輝くトンボたちが自分を取り囲んでいるではありませんか。

わぁ〜〜〜〜  目を細める農場主。

何十匹もいます。すぐ近くでホバリングしているから、羽音もよく聞こえます。

トンボたちは、農場主を襲っていたブヨたちを見つけるやいなや駆けつけて、片っ端からブヨを食べ始めたのです。

まんなかに農場主、その周りにブヨ、その周りにトンボ。

トンボがブヨを食べてくれているおかげで、日没までの作業がとてもはかどった農場主。

幻想的な体験をするなかで、”頑張れよ” そんな風にトンボに言われた気がしたのですって。


アキコ


Comment:0  Trackback:0
2015
08.16

8/16

Category: 未分類
朝はすっかり秋の雲。

081615.jpg

7:00amで気温20度。涼しい〜。

でも10:00amになると

081615a.jpg

モクモク夏の雲。

この写真、電線が4本かかっているのが見えますでしょ?
一番上の電線の右側、何やら電線がゴツゴツして見えるところがあるのがわかりますか?

これ、ツバメなんですよ。

そろそろ渡りの準備なんでしょうね。あちらこちらから続々と集まって来て、電線に止まっていたかと思うと一斉に飛立ってまた止まり、飛立っては止まり、そんなのを繰り返してました。息を揃える訓練

作業の手を止めてしばし見入ってしまいました。みんな道中気をつけてね


畑では、晩生の地這いきゅうりがそろそろ収穫時期を迎えようとしております。

081615b.jpg

ねぇ、農場主〜、うちはキュウリ以外のものはないのかしら〜

あるよ〜

081615c.jpg

あぁ!ササゲね。きれいな花だね。これでお赤飯たこうね。

って、これ自給用じゃん。食べてもらえるやつ〜。

じゃあこれだっ

081615d.jpg

そうそう、こういうのを待ってたんですよ。ついに来ましたね、万願寺唐辛子。

喜びのあまり手が震えてピントが合っておりませんが

辛くないこの唐辛子はピーマン感覚で食べてもらえますね。今年はやっぱり収量が少ないのでおまけ程度かしら。

何にしても実りを迎えられるのは嬉しいことです。
本葉を出してスクスクと育っていたニンジンとカブの第一期がウリハムシモドキによって全滅してしまったそうです
二期も怪しい。。。

めげずに今度は自家採種したニンジンの種を超厚まきした農場主。

富士宮北部でのニンジンの種蒔きリミットは8/20。
標高が高いのでこれより遅くなると大きくなりません。
どうか今回は虫に負けませんように

アキコ


Comment:0  Trackback:0
2015
08.14

マッツ始動とキュウリ大量消費

Category: 未分類
うふふ、のマッツ初採り

081415.jpg

デカマッツ(仮称)も少し採れましたよ〜。どちらもうまし!です

少量なら来週の出荷分から入れられるかな? ミニセットをお待ちの方、うっすらと楽しみにしていてくださいませ。


さて、既にセットをご堪能いただいた方々はわかると思いますが、今年のHarmoniaのキュウリ、妙に長くありませんでしたか?

そうなんですよね。種取り3年目ですけども、今年は妙に長くなっちゃうんですよ、特に四葉(スーヨー)が。

通常のキュウリの長さで収穫しようとすると、まだまだ胴体が細すぎて、適期ではないのです。
そして、胴体が普通のキュウリの太さに育つころには、ビローンと長くなってしまうんです。
太さは普通で、長さが40cmとか普通にありますからね

味はおいしいので、食べきってくださいね。

さて、そんなキュウリ事情なので、我が家で食べるキュウリは皆様にお届けしているものよりももっとデカく長くなったりしてます。

Harmoniaではキュウリをどうやって食べているか?

一番多いのは、梅酢+ゴマ油+醤油 を合わせたもので合えるパターン。梅酢の酸味がバツグンにおいしい。炒めて食べたりもしますね。

大量に食べないと、ってときには、キューちゃん漬け風でしょうか。

081415a.jpg

ネットで調べると、キューちゃん漬けはキュウリを茹でて作るレシピが多いですね。
なかには、3度ゆでこぼす人なんかもいたりして。。。野草のアク抜き級ですな。

しかし、Harmoniaは茹でずに作ります。

そのかわり、合わせた調味液が熱いうちに上からかけます。

あと、キュウリの水気を絞る人たちもかなりいるけど、これまた絞りません。

絞らない分、少し調味液が薄くなるので、その分ショウガと唐辛子を効かせます。


ご参考までに、Harmoniaのレシピです。
甘いのが好きではないので、砂糖は入れません。あと、みりんもかなり量を減らしています。

■ キュウリ 2kg(←)でっかくなっちゃったキュウリ8本でした。
■ しょうゆ 250cc
■ みりん 50cc
■ 酢 大さじ2
■ 白糸唐辛子 2cm(普通の唐辛子だったら1本?)
■ しょうが 細切りのみじん切りで大さじ1と少し

1. キュウリを輪切りにする。厚さ3mm〜5mmぐらい。大きなキュウリだったら先に縦に半分や4分の1にしてから輪切りに。

2. キュウリ以外の材料を鍋に入れて一煮立ちさせる。

3. 2が熱いうちに輪切りキュウリにかけて、液がキュウリになじむようにワシワシと手で揉む。

4. 作ってすぐから食べられますが、冷蔵庫に入れて翌日からが、味がなじんでとてもおいしいです。


砂糖を入れていない分、保存は冷蔵庫で4〜5日ってとこでしょうか。まぁその間に食べきっちゃいますけども。

ミニセットお待ちの方も、そうでない方も、よかったらお試しくださいね

アキコ


Comment:0  Trackback:0
2015
08.13

インゲンの種取り

Category: 未分類
今日は早朝から雨。まとまった量降るのは本当に久しぶりのことなので、非常に嬉しい。
(月曜日も降ったけど、30分ほどでやんでしまったの)
たぶん近隣農家は万歳三唱していたことでしょう

ということで、本日は晴耕雨読&種取り。

残念ながら野菜セットが成立する前に収穫を終えてしまった今年のインゲンたち。

IMG_0807.jpg

手前から、この地域で100年以上種取りを続けて栽培され続けてきた愛称100年インゲン、島村インゲン、そして東北地方の在来種まんずなる。

こちら100年インゲン。

IMG_0806.jpg

地元の農家さんから託された少量の貴重な種がこんなに増えました。

今年は種取りが目的だから、味見程度に数本食べただけでした。   味は普通のインゲンでした

こちらは島村インゲン。

IMG_0804.jpg

色が濃いですね。

IMG_0808.jpg

上が100年インゲン、下がまんずなる。

まんずなるは、覚えている方もいらっしゃるでしょうか、今年まいたのは緑色のお薬がかかっていた種でした。
ほんとの色がちぃともわかりませんでしたが、こんな白い種だったのですね。
Helloまんず君


IMG_0805.jpg

種フェチのHarmonia。この作業もまた、端から見たら大変な作業なのでしょうが、なになに、すっごく楽しい

しかも、豆って通常交雑しないのですよ、それがね、見た目は島村インゲン(平さやだけど幅が狭い)なのに、入っている種が白い(島村君は茶色い種で、白い種はまんずなる)やつとか、まんずなるの莢なのに(平さやで幅が広い)、プックリしている種が入っている(まんずの種は割とペッタリと薄い)とか、明らかに”交ざりましたよね”っていうのがたまに見つかるんですよ(←種フェチなので軽くコーフンしている) 
こういうの見つけると本当に楽しい。

一つの種を守っていくのも大切だと思うけど、わざと交配させるのではなくて自然に交ざっていくのって、それは自然界の中での通常の営みだから、それはそれでwelcomeだと思うのです。そうして、Harmoniaのオリジナルの品種が増えていくのですよ〜

さぁ、たんまり種は取れましたので、来年は種蒔きの時期をずらして、セットに入るように作りますよ。

アキコ

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

野菜セットご注文受付中♪
農薬不使用、無施肥のHarmoniaの自然栽培野菜

くわしくはこちら

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
Comment:0  Trackback:0
2015
08.12

農民の履歴書 3/3

Category: 未分類
お盆ですね〜。

都会ではもう、ナスに割り箸さして馬にしたりするって風習はないですよね。

こちらでは、ご先祖様をお迎えするのに竹を使うんですって。だから今週、Harmoniaの畑にほど近い川では、竹を取りに来ている人たちをチラホラ見かけたそうですよ。竹、、、どうやって使うんでしょうね? 謎。。。


さて、農民の履歴書は今回が最終回。

ついに移住を決めた農場主。その後はどうなりましたか?

080715.png

アキコ

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

野菜セットご注文受付中♪
農薬不使用、無施肥のHarmoniaの自然栽培野菜

くわしくはこちら

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

Comment:0  Trackback:0
2015
08.11

会議中。 か?

Category: 未分類
昨日の昼下がり

081115.jpg

ねぇちょっと。せっかく発芽したニンジンやカブがまた虫に食べられてるんですって?
困るわねぇ。どうすんのよ。

そうなんスよね。特にウリハムシモドキがひどいんで、見つけては土におかえりいただいているんですけどね。何せ数が多いもんで。

だからさ、もういいかげんにクスリ使っちゃいなさいよ。言わなきゃみんなわかんないわよ。

会長、それをやったらHarmoniaじゃないですよ。バランスを崩したのはウチらのせいなんで。そのうちにバランス取り戻しますよ。自然はカンペキですから。

そぉお〜?まぁいいけど。。

あ、見て!雨が降ってきたわよ!!ずぅっと日照り続きだったものね、よかったわねぇ。


土ぼこりが舞いそうなくらい乾燥しきっていた畑を潤す待望の雨。

まったりゆったりと流れる時間。

農場主骨休めの日。

アキコ

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

野菜セットご注文受付中♪
農薬不使用、無施肥のHarmoniaの自然栽培野菜

くわしくはこちら

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


Comment:0  Trackback:0
2015
08.10

立秋過ぎて

Category: 未分類
081015.jpg
081015a.jpg

立秋を過ぎたら途端に朝晩の空気が秋めいてきました。

だけど日中はまだまだまだまだ暑いっ

昨日は遊びに来てくれた後輩とその子供達とジャガイモ掘ったり川遊びしたり。

081015c.jpg

水温12〜13度。冷たい川に慣れていないから、全員川に足をつけた途端「キャーーーーッ」と悲鳴。(えぇ私も叫びましたよ

近くでは地元の子達が涼しい顔でシュノーケルやったり、お父さんも全身水につかったりしてましたが、それを驚愕の眼差しで見る我々。地元すごい


お友達やご近所へのお土産にと、Harmoniaのミニ野菜セットの、更に1種類ごとの量を減らした「ライト版」を急遽作り、何セットかご購入いただきましたよ。ありがと〜

081015b.jpg

これ、お土産用にかわいいリボンヒモ(←名称をド忘れ)を使ったから、できあがりがすごくかわいくって、ちょっとしたお土産にピッタリな感じになりました
富士山のふもとで作られてる自然栽培のお野菜だよ、っていうのがわかるロゴシールか何かを作って貼ったらもっといいかも。作ってみようかな。


ジャガイモを選別してたら無性に食べたくなり、昨夜は小さいものを選んで素揚げにしましたよ。

081015d.jpg

もちろん皮ごと、適当な大きさに切って、180度の油に投入するだけ。
揚がったら取り出して塩をかけるだけ。レッドムーンの皮が赤いのと中が黄色い色のコントラストがいいですね。

素材の味を最大限に楽しむには料理はシンプルに限りますな。
おいひぃ〜

アキコ

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

野菜セットご注文受付中♪
農薬不使用、無施肥のHarmoniaの自然栽培野菜

くわしくはこちら

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

Comment:0  Trackback:0
2015
08.08

農民の履歴書 2/3

Category: 未分類
カボチャが花盛り〜

080815a.jpg

ウリハムシに食べられちゃったりしてずいぶん長いことチーンとしてましたが、やっと大きくなって花をつけてくれました。お昼には花がしぼむので、早朝から色々な種類のハチが来て受粉してくれます。

体の大きなハチは羽音も大きくて、少し怖い感じがするけど、よく見ると丸っこい体をしたりしていてかわいいものです。大きなハチも小さなハチも全員Harmoniaの大事な戦力です。


さて。

農民の履歴書、2回目です。

畑の楽しさを知ってしまった農場主はそれからどうしたのでしょうか。



080615.png

<テキスト>
 市民農園で色々な野菜を育て、その喜びと感動を全身で満喫していた私は、あるとき彼女の案内で、八ヶ岳で自然農をされている専業農家の方の畑を訪れました。自然との調和がとても美しく、静かに何かを歌いかけてくる畑で、透明感のある澄んだ瞳の農園主、三井さんに出会った時、ふっと体が軽くなるのを感じました。私もこんな人になりたいと感じた瞬間でした。
 同じ年、富士宮で農家が主体となり毎年開催している大感謝祭を訪れました。祭りの生き生きとした雰囲気に触れ、私もこの仲間になりたいという思いが湧きました。その折に、富士宮で有機農予備校なる月一の研修が始まると知り、早速第一期生として彼女共々参加。ドラゴンファーム龍田さんに一年間ご指導いただきました。そして、ついに二十一年間お世話になった会社に辞める事を告げ、富士宮へ移住することになったのです。(鈴木 一正)



2人とも、ぷっくぷくだねぇ

アキコ

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

野菜セットご注文受付中♪
農薬不使用、無施肥のHarmoniaの自然栽培野菜

くわしくはこちら

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★



Comment:0  Trackback:0
2015
08.07

はじめての稲作り

Category: 未分類
080715d.jpg

今年初めて作っている稲、自然農の福岡さんの”ハッピーヒル”です
(かつて長野の棚田で3年間お米作ってみたことありますが、全部のプロセスを自分たちでやるのは初めてなのです)

写真のミニ田んぼで少量を水稲として、畑で陸稲(おかぼ)としてそれぞれ育てていますが、今のところ水稲の方が生育がいいですね。

ミニ田んぼの周りの草を刈っていたら、体長15cmほどのミミズたちが5~6匹逃げ出してきましたよ。
土に伝わる振動を、モグラの襲撃と勘違いしたのですね。

ここからがすごい 虫が嫌いな人も将来何かの役に立つかも知れないから頑張って読んでね。(ホントか)

ミミくんたち、我先にと、何とミニ田んぼに飛び込んで行ったのです

最初私は、”ひゃ〜、ミミくんが溺れちゃう〜”と、つまんで草むらに戻そうとしたのですが、水の中ではツルツル滑ってつかめません。

”みんな溺れちゃうね。かわいそうなことをしてしまったな。。。”と思いながら草刈りを進めて、今度はミニ田んぼの反対側へとやってくると。

あれあれ〜っ。

ミニ田んぼから、ミミくん達が這い上がってくるじゃないですか

”よいしょ、よいしょ”とヘリを登って、ミニ田んぼから脱出すると、その後何事も無かったかのようにスルスル〜っと草むらに消えていきましたよ。

ミニ田んぼの横幅って、70cmぐらいあるんじゃないかしらん。その距離を、潜水して泳ぎきったってことですよ。

”すごい、ミミズって泳げるんだ

集団自殺じゃなかった。よかった

初めて知る事実にちょっと感動しちゃった


って、陸稲はどうなったのよ?

そうでした。ハッピーヒルの陸稲たち〜。

080715c.jpg

ドーン

ものすごい草むらでどこにいるんだかサッパリ。

かき分けて探してみましたらば、一応みんな生きておりました。

ハッピーヒル、救出までもう少し待ってね

アキコ


Comment:0  Trackback:0
2015
08.05

農民の履歴書 1/3

Category: 未分類
あづいですねぇ

黒い研修生はさぞ暑いことでしょうね。

080515a.jpg

これ!これ何かしら〜

お亡くなり寸前のヒグラシを見つけてコーフンする研修生ラブ。

この後、鼻息で威嚇したり、猫のように前足でチョ、チョチョ、とちょっかいを出してみたり、大コーフン。
でも、ヒグラシがジタバタ動く度に一歩下がってしまうビビリぶり。

あら、うちの会長と同じで、実はビビリ?


何か言った?

080515b.jpg

あ、会長、いえいえ、何も言ってませんよぉ 
それにしても会長、今日顔がコワいですよ。


ということでそろそろ本題に。。。

地元の新聞で岳陽新聞というのがございまして、その新聞に、Harmoniaが所属する有機農協議会のメンバーが、順ぐりに自分の履歴を紹介する、というコーナーがあります。

先だって、Harmoniaの回が3週連載で掲載されましたので、今日はその1回目をご紹介しますね。

080515.png

<テキスト>
 富士宮市白糸北部のひっそりとした畑に就農して3年目になります。
 富士市に生まれ育ち、デザインの仕事に惹かれて上京、学校卒業後は赤坂のデザイン事務所に就職。三十代になる頃には、複数のプロジェクトを任されるようになり、毎日深夜帰りで徹夜の日々も。休日は数える程の暮らしでした。
 そんな中、あるプロジェクトで素敵な女性に出会いました。この出会いが農民への道の始まりだったとは、当時はまだ想像もつきませんでした。
 彼女も深夜まで働く日々。お互いにこの生き方は違うと感じ始めていたのでしょう。彼女の農の魅力の話に刺激を受けた私は、運良く借りられた市民農園の、5m×5mという小さな畑で週末農家を始めてみました。初めて素足で畑に入った時、ひんやりとした土の感触は何とも言えず気持ち良く、不要なものを吸い取ってくれるのを感じたのでした。(鈴木 一正)


ほほぅ、運命の出会いがあったわけですな

アキコ

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

野菜セットご注文受付中♪
農薬不使用、無施肥のHarmoniaの自然栽培野菜

くわしくはこちら

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★



Comment:0  Trackback:0
back-to-top