2015
04.30

稲 開始

Category: 未分類
新緑が気持ちいい季節になりました

043015.jpg

早朝、畑も風が爽やかで気持ちいい〜

043015a.jpg


ほんとね〜気持ちいいわ〜

043015e.jpg

おはようございます、ケロッピ
適当なとこで移動してくださいね、干上がりますよ


今日は、野菜の種まきと鉢上げの他、ついに穀物の種まきをしましたよ。

今年はお米を作ります。といっても今年はお試しなのでごく少量です。

かつて長野の方で、棚田のオーナー制度というのを利用して田植えやら稲刈りやらしていましたが、種からやるのは初めて。うまくいくかな、とってもワクワクしています。

ほんとは畑に苗床作りたかったのですが、作る時間と草の管理を考えて、育苗トレイにしました。

ふるった土を入れて平らにならします。

043015b.jpg

種籾をパラパラと振りまいて。

043015c.jpg

あらかたまいたら、種の間隔の調整をします。

043015d.jpg

大量に作る方々は、当然種まきも機械を使用します。Harmoniaは手です。ごく少量だしね。
今日はこんなシートを4枚作りました。また日を改めて別の品種をまきます。


今日まいた種籾は、自然農法で有名な故 福岡正信氏が育成した品種なのです。その名も「ハッピー ヒル」という、福 岡 を直訳したものだとか。へー。

福岡さんって、誰それ、って感じでしょうが、彼が提唱した自然農法は”fukuoka method” として海外で定評があるのです。日本よりも海外の方が有名という御方。
そうそう、あの奇跡のリンゴの木村さんが自然栽培を始めるきっかけになった一冊の本は、福岡さんが書かれた「自然農法」という本でしたね。

ま、そんなことで、初めての種からのお米作り、始まりました

成長の様子をお知らせしていきますね。

アキコ


Comment:0  Trackback:0
2015
04.29

せっせ

Category: 未分類
種まき&鉢上げが続いています。

042915.jpg

これはコールラビの第2陣。
第1陣同様いい感じです。

あたしは鉢上げしたポットを守りますからぁ ・・・

042915c.jpg

よ、よろしくね研修生。

集中して作業してると、何やら感じる視線。ん?

042915b.jpg

あのぅ、おやつはまだですか?
時間的にそろそろかと

まだよこれ終わってからね

妙に正確な腹時計が自慢の研修生なのでした
それにしても、この期待に満ちた表情といったら


もうトンボがいます。早いですねー。

042915a.jpg

黄色と黒。。。誰だろ


そろそろ、種まき&鉢上げを進めながら、畑への定植も同時進行で進むようになります。
プラス草刈り。
本格的な忙しさの到来。
気分が盛り上がってまいりましたよ、楽しくいきましょー

アキコ


Comment:0  Trackback:0
2015
04.28

どこですか

Category: 未分類
今年は、自家用に少しハーブを育てようと思って、種まきをしています。

その中の1つ、スイートマジョラムというハーブ。

お肉料理にも使えるし、乾燥させてハーブティーにも使えるということで種を播いてみたのですが。

ハーブって芽が出てくるまでに結構時間かかるのね〜。

ポットまきしたんだけどね、時間かかってる間に違う草が出てきてしまいました

042815c.jpg

どこよ。

どれが芽ですか状態

ハーブって圧倒的にシソ科が多くって、このマジョラムさんもシソ科だから、シソやバジルと同じような双葉を見つければいいのよ

という視点で見ると、いました。2つ

042815z.jpg

みなさんは見つけられましたか? 

こういう視点を磨いていくと、一見ただの草むらに見えるところに沢山の野菜が植わっているのが発見できるようになります。え、そんなスキルいらないって? あると楽しいんだけどなぁ?


さぁ、”どこですか”シリーズ(シリーズ化はやめたいね)、お次はこちらです。

042815b.jpg

何でしょうねぇ。草むらだよね。

ここには、双葉〜本葉が1枚ぐらいの大根の芽があります。

見つかったかな


草がすごいので、草刈りをします。だけど、ぜーんぶ裸にするのではありません。

多くの植物が生えてるんだけど、よく見ると、もう種をつけていて枯れるばっかりの草だとか、縦に成長しても10cmを越えることのない草だとか、地面を這う草だとか、そんな草達がいます。そういう草達は、生育の邪魔をするわけじゃないし、1年草ばかりなので、「あ、どうぞいてくださいね」な相手です。いずれ朽ちてそれが分解されて土になるからね

今の時期は、取るのはスギナぐらいですかね。

ということで、草抑えをするとこんな感じに。

042815.jpg

ほら、大根たちがよく見えるようになりましたね取ったスギナも、もちろん畝の上に置きますよ。朽ちて、畑の酸性度を中和する方向で働いてくれるから。

こうやって草抑えをしてあげると、ワサーっと草が生えてくる頃には大根がある程度大きくなっているので、そんなに草を刈らなくてもよくなります。幼いときだけ、少しだけ手をかしてあげる、その方が、野菜が本来持っている力を最大限に発揮できるようです。

なんてまじめな話をしていたら。

穴発見

042815a.jpg

これきっとハタネズミのハタちゃんの通り道

この場所の大根は育つかな?見守りたいと思います。ハタちゃん、大根かじらないでね。


アキコ



Comment:0  Trackback:0
2015
04.27

本日も晴天なり

Category: 未分類
そら豆の芽が出かけています。
「動いてきたね」なんて言い方をします

042715.jpg

そら豆はポットにまく場合こうやって頭の部分を土の上に出して埋めます。面白いでしょ。

通常秋播きですが、Harmonia畑は冬場マイナス10度まで下がり、寒さに弱いそら豆にとっては越冬が厳しい状況。なので、今年は春播きしてみることにしました。うまくいくかな?


枝豆もニョーンと。大豊緑のみなさんよろしくお願いしますね。

042715e.jpg


このちっこいのはオカノリ。

042715d.jpg

今年も粘り気ある美味しいオカノリに育ってね。


ネット越しでよく見えないけど、鉢上げしたコールラビ、順調に成育中。もうじき畑に定植です。

042715a.jpg


昨日支柱を差したインゲン。
あまりに土が締まってしまったので、ノコガマで少し土を起こし、その後草マルチをしました。

042715c.jpg

042715b.jpg

いい感じ〜。しばらく雨は降らないようなので、この草マルチがいい活躍をしてくれることでしょう。

アキコ


Comment:2  Trackback:0
2015
04.26

豆の支柱

Category: 未分類
快晴の本日

042615.jpg

菜の花畑の研修生。なかなか絵になりますな


今日は助っ人が登場、あれこれお手伝いいただきました。

えんどうの支柱立て。

042615a.jpg

竹を取るところからなので、結構な労働です。枝がついたままの竹を使います。

インゲンは去年使った支柱を移設。

042615b.jpg

耕運した直後に大雨が降り、今年はマルチ無しのため、”雨降って地固まる”、になってしまったインゲン地帯。
支柱を挿すのも一苦労です。インゲンたち、頑張って根を張ってね。


こちら自家採種のゴボウ。芽が出てきました。嬉しい瞬間です

042615d.jpg


畑の隣の林では、一面白い野いちごの花が咲いています。

042615c.jpg

6月頭になると、真っ赤なコロンとした野いちごでいっぱいになります。
なぜか地主さん始め地元の方は誰も食べないので、毎年ありがたくいただいています。
今年も楽しみだな〜

アキコ



Comment:0  Trackback:0
2015
04.24

GW前

Category: 未分類
長さ20m以上ある不織布(通称パオパオ)。

野菜たちにかけてあったのを昨日10本以上外しました。

042415a.jpg

外して、広げて、さぁ畳もう、ってときに風が吹いたので、飛んでいかないように押さえながら風がおさまるのを待ちます。

神妙な面持ちで風が吹いてくる方向を見ている農場主の頭の中約28%は、


ラブは毎日お肉とお魚食べられていいなぁ

                  魚っていってもニボシだけどね


と思っています。


えっ あたし?  もっと欲しいぐらいなのよ


042415.jpg


ちょっと!あんたってあたしより寝てるじゃないの! 研修生でしょ、働きなさいよっ

042415b.jpg


GW間近のFarm Harmonia、3種族3様の胸の内でした。

    GW: (農作業)がんばろうweek です。

アキコ



Comment:2  Trackback:0
2015
04.23

作業日和

Category: 未分類
いや〜、やっと晴れましたね

042315.jpg


ふぅ、やっぱり日向ぼっこは最高よね

042315d.jpg

会長もキッチンでついうっとりしてしまうぐらいの眩しい日差し。

ハウスの苗たちも久しぶりの太陽を満喫してますよ

042315c.jpg

マッツも発芽しました

042315a.jpg

ただね、、、雨の日に取った土を使ってしまったので、土がガチガチにしまっています。
しまった土では根っこが張れないから、これ以降の生育に支障が出るかも。
用心のためもう一度まいておきます


ジャガイモも発芽。

042315b.jpg

今年は既にテントウムシダマシが発生しています。
ナス科の葉っぱや実を食べるので害虫とされており、見つけたら捕殺、というのが一般的ではあります。
Harmoniaの場合、とりあえず見守る作戦です。
↑それ作戦と言うのか!?
いずれ天敵が登場してくれるでしょう

さわやかな風が吹き渡り、農作業には絶好の1日でした

042315e.jpg

原っぱじゃありませんよ〜。Harmonia畑ですよ〜

草の勢いがズン!と増してきました。そろそろ草対策始めないとね。

アキコ



Comment:2  Trackback:0
2015
04.22

さつまいもん♪

Category: 未分類
自宅ログハウスで冬を越したさつまいもの種芋たち。

042215c.jpg

今年も無事に冬越しできました
さつまいもって、暖かいところが好きなんですよ。温度が10度を下回ると、芋が傷んできます。ログハウスは、冬の間薪ストーブを使うので、室内は早朝でも10度未満にはならないけど、年末年始とか、ちょっと一泊とか、家を空けると8度まで下がります。度々でなければさつまいもは大丈夫。ショウガは今年もダメだったけどね難しいのよ。

で、早速芽を出してるイモも。

042215a.jpg

いいですね〜

この種芋たちを使って、さつまいもの苗を取りますよ。

全員、ハウス内の温床に移動〜

温床の表面温度は現在24度。なので、発芽にピッタリの温度ね。鹿児島にいるみたいだね〜

このヌクヌクっとしたところに、全員整列〜

042215b.jpg

まぁ〜几帳面な並べ方。私じゃないですよ、農場主の丁寧な仕事ですよ

並んださつまいもは3種類。ベニアズマと、干し芋用のイズミとニンジンイモ。

今年もおいしくなってくれますように

芋たちの上に落ち葉を重ねて〜

042215d.jpg

その上に夏野菜の育苗箱を。

042215e.jpg

できました

これで落ち葉の上に芽が出てくるまで数週間かかります。苗として十分な長さが取れるぐらいになったら茎をカットして、畑に差します。
って普通に書いてるけど、切った茎からイモができるってよく考えると不思議ですよね

芋つるは、カットされてもまたズンズンと伸びてくるので、また苗が取れるという効率の良さ。

収穫時期は10月〜11月。気の長い話だけど、楽しみながら育てていきますよん
定期の方はお楽しみに

アキコ



Comment:0  Trackback:0
2015
04.21

唐辛子とインゲン

Category: 未分類
昨日は嵐のような1日でしたね

そんな日はハウスでの種まきのみ。

042115.jpg

こちら長〜い白糸唐辛子。まぁ鮮やかな赤じゃありませんか。

042115a.jpg

こんな風に、種取り用の株を株ごと乾燥させておいたのです。

さやを手で破って、種を取り出します。

042115e.jpg

この作業、結構目に刺激が来ます。そして、終わった後はきちんと手を洗わないと大変なことに。

今年もたくさんの実をつけてね。色々な加工品作りにチャンレジしますよ


こちらはツヤッツヤの種。

042115b.jpg

先日地元の農家さんに種を分けていただいた貴重な貴重な「100年いんげん」です。
いやもっと長い年数種取りを続けてるんですけど、キリがいいのでね、こう呼ぶことにしました。

042115c.jpg

ポットにまきます。種の数があまり多くないから、今年は種取りだけ。どんな味のどんな実がなりますことやら。ワクワクします

そうそう、Harmoniaができるだけ自家採種にこだわる理由がもう一つありました。

比較のために、この写真を見てね。

042115d.jpg

これもインゲンなんですが、すっごい色でしょ。これは、発芽のときに病気にならないように、って殺菌剤やら何やらが入った、色付きのフィルムでコートされた種子。毒々しい色ね〜。固定種、在来種でも、こういうコーティングされた種子ってあるんですよ。
以前、知り合いの農家さんで、コーティング種子しか使ったことない方がいて、素のままの種を見て、「こんな色と形をしてたんだ」ってビックリしてました。私たちはその方が素の種を知らなかったことにビックリしましたけどね。

あと、ニンジンなんかだと、種に毛がついててとても播きにくいから、播きやすくするためにコーティングするっていうのもあるみたいです。うん、本来の種の2〜3倍の大きさになってコロンとした種になってましたわ。機械で種まきする人向けね。

まぁいずれにしても、大規模経営や効率化のためにコーティング種子を使う、って農家もたくさんいますから、それはそれでいいのですが、Harmoniaは、種のレベルでもたくましい野菜作りを目指しているので、素のままでいきたいのです。だから、自家採種。

アキコ


Comment:2  Trackback:0
2015
04.20

実験君

Category: 未分類
昨日は雨が降ったりやんだり

朝は何とか富士山見えてたんですけどねー。

042015.jpg

これが朝6時。この後、富士山に笠雲がかかり、予報より早く雨が降り出しました。
そうそう、木々が少しずつ新芽を出し始めてきているので、GWが終わるころには木々越しの富士山は見えなくなります。また冬までお別れね。ってちょっと場所変えれば見えますけども

畑での作業は、雨が止んだスキを狙って外での作業、雨が降り出したらハウスで種蒔き、そんな感じです。

外での作業、面白いのをやりましたよ

042015a.jpg

これは、ナスの実。ナスをそのまんま埋めるんです。浅くね。

え〜?と思うでしょ。これはね、実験です。強い種を採るために行う方法。

本来は秋に埋めちゃうんですけどね。埋められた実は土の中でゆっくりと朽ちて、冬を越し、春になって種が時を知ると発芽してきます。

ミニトマトの勝手生えなんかよくありますが、一カ所から「オレもオレも」と言わんばかりにワサーッと出てきます。ものすごい密集度なんだけど、そのうちに勢いの良い株が1〜2つ飛び出してくるんです。後のはね、知らないうちにいなくなってたりしますね。まさに”自然淘汰”。いなくなる株は、勢いの良い株のための肥料になるのかも。

042015b.jpg

万願寺唐辛子も実験で埋めてみました。出てくるかしらん。

でもねー、ナスも万願寺も、もうカリッカリに乾いてますから、この状態で発芽するかどうか?

ま、実験ですから、何でもやってみましょう

アキコ



Comment:2  Trackback:0
back-to-top