2015
03.19

作付決定

Category: 未分類
え〜、皆さんのなかには、「ねぇ畑は始まってるの?」と思っている方もいらっしゃることでしょう。

まだです。

やっとマルチをあらかた剥がし終わったところ。

そして、本日は雨でしたが、ミレーdayではなく畑の作付会議を開催。

これで、何をどこに作るかが決まりました

031915.jpg

4反という広い畑ですが、100種類以上も作るとなると、意外と場所を決めていくのに時間がかかります。
野菜なのに、あの子とこの子は仲が悪いから、、だとか、あの人が育った後にはこの子は無理ね、だとか、そんな約束事があったりして、更に時間がかかります。

今年は陸稲と雑穀を初めて作ってみるので、手間としてはまた増えますね

そんなに作って大丈夫なのかしら

031915a.jpg

会長、大丈夫ですよ。たぶんね 

楽しみながら、だけど草の勢いの増すころにはヒーヒー言いながら、やっていきます

明日、Harmonia 2015のシーズンインです

アキコ


Comment:0  Trackback:0
2015
03.18

出た!出ない!

Category: 未分類
昨年農場主がコツコツと打ったシイタケの菌。そのときのブログはこちら→

そして!!!

見て〜〜〜
031815.jpg

シイタケ出てきた

かわいい〜

あれ?農場主が何か言ってます。

ん? 違う? 

何が??


400発打った木々じゃなくて、横に並べた何も打ってない木から出てきたんだって

ズルッ

そういえば、去年の初冬にもシイタケ生えてた木があったよね。

自生している菌がいるのね〜。すごい。


打ち込んだ菌が成長してくるのにはもうちょっと時間がかかりそうだね。
今年の春でなくて秋なのかな〜。のんびりとそのときを待つことにします。

アキコ


Comment:0  Trackback:0
2015
03.17

雨の日はミレー

Category: 未分類
昨日は昼過ぎから雨だったので、農場主は予定していた外での作業は行えず

ということで、雨の日は「プロジェクト・ミレー」


サクサクと書いとります。相変わらず見事だね。

031715.jpg

私は隣で、絵を入れる額の中に敷くマットをカット。立体感を出すために斜めに切りたいんだけど、使っているのが普通のカッターだからすごく難しい。

真ん中をくりぬいたマットの下に絵を置いて、奥行きのある額にセット。

031715c.jpg

どうかな〜?なかなか良い仕上がりだと思うけど

これは唐辛子に縁のある人へのお祝いの品として作ったもの。気に入ってもらえるといいな。


他にも、絵を贈りたいなと思っている人がいるので、書いてもらったのだけど。

031715a.jpg

左側ね。チーム ナス科 
(蛇足ですがナス科って英語だとPotato Familyって言うらしいよ。ジャガイモなんだね。面白い)

農場主〜、上手だけどもさ、右側のニンニクの方が圧倒的に生命力に溢れてるんだけど?


あぁそうか。

農場主の絵の書き方はきっと、野菜の生命力をそのまま写し取るような技法なんだね。

だから生きてるように見えたり楽しげだったりするわけで。

だから目の前にない夏野菜の絵は

今は書けない


ズーン

プロジェクト・ミレー、早くも暗礁にズコーンと乗り上げ

ま、いっか あるものを楽しく書いてちょうだい。端境期で何もないけども

アキコ


Comment:5  Trackback:0
2015
03.16

3/14

Category: 未分類
何やら瞬きする間に数日経ちましたよ。

3/14(土)はドキュメンタリー映画の上映会と講演会に行ってきました。

映画もよかったけど、講演会が非常に面白かったので少しご紹介を。

お話してくださったのは現役のお医者様。なのに医師会を敵に回すようなカゲキな発言が多くて、聞いていて痛快でしたよ。田中佳先生という方です。名古屋在住らしいです。

「病院に頼らない身体作り」というテーマでの1時間半の講演でしたがあっという間。非常に参考になるお話が盛り沢山で、何を書いたらいいか迷うけど、そうですね、やっぱり、

「ビタミン、ミネラル、フィトケミカル(抗酸化物質)が豊富な”旬の”農作物を食べましょう。できたら無農薬でね」

ということですかね。有機農家からしたら当たり前のことなんだけれども、一般の方からしたら無農薬というところで一つハードルがあって、また”旬の”ってところでもう一つハードルがありますよね。

お野菜の話、先生のお話中何度も何度も出てきたんですよ。
そしたらね、会場の一角で有機野菜を販売していたのですが、映画が終わって、講演前の途中の休憩時間まで売れ残っていた野菜たちが、先生の講演が終わったら飛ぶように売れて完売したのですって。
現役医師の発言ってスゴイね。マツコ・デラックスの次にすごいんじゃないかしらん

先生のお話からあと2つね。

「腹ペコになるまで食べるな」

「皮と成長点を食え」


腹ペコになってから、っていうのは、アンチエイジングで有名な同じく現役医師の南雲先生もおっしゃってますよね。長生き遺伝子がONになるという。小腹がすいたぐらいではダメなんですって。グゥグゥとなるぐらいまでね。

皮と成長点。これ大事ですよね。
Harmoniaのお野菜買ってくださってる方は、うちの野菜はもちろん皮ごと食べてもらってると思うけど、「成長点」も、って意外と盲点。というか我々も成長点まで食べるようになったのは去年の冬野菜が採れ出してからなんですよね。

031615.jpg

成長点ってどこかわかりますか? 一般には捨てちゃう、このニンジンの場合だと「頭」の部分!!
この部分にね、抗酸化物質がギュっと入ってるんですね〜。

Harmoniaでは、今の時期食べる野菜はちぃちゃいので、縦切りにして余すことなくいただいています。

頭の部分、「え〜、何か土がついてて汚い」と思う方は、小さいブラシでシャカシャカすると取れますよ。
または竹グシでカシカシする。

あとは、頭は頭として切り落としちゃうけど、他の野菜クズと一緒に煮出してスープでとる、という方法もあり。田中先生はこの方法を紹介されてました。「ベジブロス・スープ」と呼ばれているそうなので、興味ある方は検索してみてくださいね。

南雲先生は、「まるごと」食べなさいって説いてますね。

そうするとね、お野菜って、むやみにデカくなくていいんじゃないか?って思いますね。
小さい方が丸ごと食べられるもの。小魚みたいにね。

もしかしたらこれから、どんどんミニ野菜が増えていくかも知れませんね。

小さい野菜ならHarmonia得意よ 任せて

アキコ



Comment:0  Trackback:0
2015
03.12

Category: 未分類
今朝の畑はマイナス7度まで下がっていました

この寒さで、花を咲かせていた白菜たちの一部がくったりとしてしまいましたが、それはほんの一部。
9割がたは大丈夫でした。花を咲かす、次の世代に繋ぐ、その勢いというのはものすごいパワーなんですね。強い強い。


今日気がついたけれど、冬になって枯れたゴボウがすっかり芽吹いていました。

031215.jpg

大浦ゴボウ。去年はほとんど虫に食べられてしまっていたので、こうして芽吹いてきたのは10〜15株ぐらいだけど、種を採るには十分だね。さぁこれからグングン大きくなって花を咲かせますよ。


ついこのあいだまでチーンと小さいままだったニンニク。

030915d.jpg

春の訪れを察知したようですね、大きくなってきました。この調子で6〜7月の収穫期まで頑張ってね。


こちらは寒いのはへっちゃらだけど、こないだ鹿に頭をかじられてしまった小麦。

030915e.jpg

大きくはなってきたけど、何かまばらだね。小麦の収穫期は6〜7月。
自家製小麦でパスタやパンが作れるように、みんな大きくなってくれたまえ

アキコ

Comment:0  Trackback:0
2015
03.11

雑穀

Category: 未分類
寒波が来ておりますね

今朝、ログハウスの玄関外で最低気温マイナス3度でした

畑はマイナス6度ぐらいにはなっているでしょう。いやもっとかな? 花を咲かせだした野菜たちが「うぁ〜ん寒い〜」と泣いていることでしょう。みんな頑張るんですよ


さて、わたくし雑穀隊長といたしまして、まずは雑穀の種を入手しましたよ。

初めての作物って、「種をどのぐらいまいたらどのぐらい収穫できるんだろう?」っていうのがさっぱりわからないんですよね。

雑穀の場合はどうなのか。粒の大きさにもよりますけど、例として「もちキビ」っていうのを挙げます。小さいツブツブです。

本にはね、種をまく量は

一反で1リットル

って書いてありました。



さっぱりわからん。

普通の人だと「一反」っていう単位がまずわかんないですよね。

一反 = 300坪 =10a = 1000㎡

これでもまだピンと来ないですよね。


じゃ単位を変えて、小さくしてみましょう。

一反で1リットルだから、単位を変えると、

1000㎡ で 1000ml 

ということは

10㎡ で 10ml

ほほぅ、10㎡ってことはだいたい3坪、約6畳です。

小さじ2杯分の種で、6畳分栽培できますよ、ってことですね。

ふ〜ん 

で、収穫の方ですが、6畳分で1kg〜1.5kgぐらい取れるらしい。


なるほど。何となく感覚としてつかめましたね
今年はお試しとして何種類も作るので、そのなかでこれは毎年作ろう〜っていうのを選んでいこうと思っています。

雑穀に興味ある方、畑を覗きに来てくださいね。苗を作って畑に定植しますので、体験してみたい方も私か農場主にご連絡くださいませ

アキコ


Comment:0  Trackback:0
2015
03.10

SUZUKEN Final

Category: 未分類
冬の間大活躍してくれたスズケンさん、今回がひとまず最終回となりました。

もうすっかり春なのでね、畑仕事始めないといけないんですよ。

あたし専用の見晴し台はそろそろできるのかしら

031015e.jpg


あ、会長、すみません。。。冬の間あれこれ作ってもらったんですけど、会長の台だけ残っちゃいました。

また冬が来るまでお待ちくださいねぇ

ということで。。。

ラストは薪小屋

ログハウスの材料が包まれていた木製パレットを使って作ります。

031015b.jpg

ログハウスの足場の向こうで、パレットを何枚も使って組み立ててますよ。

背が高くなると景観を損なうということで、低めの薪小屋。小屋というか、薪収納だね。

031015a.jpg

あれぇ?農場主? 何かゆがんでない?

:「いいのっ! もともとのパレットがもう歪んじゃってたんだからっ!」

あぁそう。ま、崩れることはないでしょうけども。

てっぺんのナミナミの板だけ購入して取り付け、ひとまず完成

031015.jpg

あとは外枠だけ塗装したらおしまいだそうです。

いや〜、スズケンさんお疲れ様でした。また冬期、手ぐすね引いてお待ちしてますよ〜

アキコ


Comment:0  Trackback:0
2015
03.09

春だよ?

Category: 未分類
本日生憎の曇天。時折パラつく雨。寒い

でもね。

畑では、「おっしゃーっ!!」とばかりに、とう立ちし始めてるベジたちがいますよ

030915.jpg

これ、不織布もトンネルも何一つかぶらずに越冬した白菜です。

標高600mの冬を乗り切ったね

こっちは種をまいてすらいない、勝手生えの野良大根

030915a.jpg


野良大根と、お姫様扱い(?)の「ふじ宮重大根」と比べてみましょう。

030915b.jpg

わ〜、全然違う。

ふじ宮重はヌクヌクしたところにいるから、もう花が咲き出してるし、葉っぱも伸びやかですね。(花、ルッコラにそっくりだね

一方野良大根の方は、まだ花芽なんかないし、やっと荒波乗り越えた、って感じの縮こまりぶり。
でもすごい生命力を感じませんか?

どっちも大事なHarmoniaの子。いっぱい種をつけるんですよ。


カブたちの花が咲きだしましたので自給用に少しいただいて、と。

030915c.jpg

色んな種類のナバナは、これからしばらくの間、私たちの食卓を飾るメインの野菜です。


露地野菜の野菜セットを出している有機農家の多くが、今の時期はセットをお休みしています。

採れる野菜がないからね。保存しておいた大根や人参も終わりでしょう。

平地でだいたいゴールデンウィーク明けから出荷開始、というところが多いと思います。

Harmoniaは今年は6月から出荷したい、ね! 農場主

って、種まかないかんがね〜〜〜〜〜〜

アキコ



Comment:0  Trackback:0
2015
03.07

農場主の春

Category: 未分類
農場主です。
昨日は二十四節気の啓蟄で満月でした。
虫達が冬眠から目覚め、静かに寒さに耐えてた植物達も少しずつ芽吹いてくる季節になりました。
雨で土や空気も気持ちよく湿り、小鳥が歌い、空の雲も生き生きと、生命の息吹を感じ始めます。
農場主は春の気配で気持ちがそわそわしてきます。
まだまだやる事が沢山残っているのに、春の雨が農場主の作業を遅らせます。
今日も雨曇り空の下、せっせと薪小屋作りです。
5月になるまでに今年の冬の薪を割っておくのです。今のうちに終わらせて乾燥させないといけません。
それから、ログハウスの塗装。あと少し。晴れの続く日を待って塗ります。
それから、畑の準備。踏込み温床の準備や資材置場の製作等々。
それから、種蒔きの計画、どこに何をどれだけ蒔くのか。
それから、それから、、、。。。 
そして静かに時は春を迎えます。農場主は右往左往します。
うぐいすが可愛らしく鳴き始め、ふきのとうがむっくりと顔をのぞかせてきました。
そんなHarmoniaの春です。
ふきのとう

春のHarmoniaのにんにく芽吹く。
にんにく芽吹き

農場主
Comment:2  Trackback:0
2015
03.06

落花生

Category: 未分類
昨日は農場主はログの塗装班、私は落花生の種取りをしましたよん。

030615a.jpg

これは去年収穫の都度、実つきのよさそうなのを種用として株ごとよけておいたものです。

4種類の落花生、合計10カゴ分の種を取っていきます。

今年もおいしい落花生ができますように


サクサクと作業を進めますが、最後の品種のときに何か感じる違和感。

ん?

落花生の殻が、、、ちょぴっと、、、柔らかい

パシっと割ってみます。

中に入っている落花生は、シワッシワのカッスカス

隣のさやも。その隣のさやも。


なにこれ この品種、7割がたが中の豆が小さすぎ。

晩生(おくて)なので一番最後まで畑にいたチームなのですよね。

確か農場主と収穫してたときに、かなり収量が少ないよね、、って言ってた記憶が。


そこでピーンときましたよ

あいつらだ。

102814.jpg

(使い回しのイラスト)

プックリしたの全部持っていかれたようです。

そういえば、さつまいもの畝や里芋の畝で、ハタちゃんが落とした落花生をいくつも発見したけど、みんな見事な実だったわ。

も〜、ハタちゃん。困るなぁ
この品種だけ種を買わないと。

でも、しっかり実が入ってるいいやつだってハタちゃんわかるんだね。
すごいねぇと妙に感心したのでありました。

アキコ


Comment:0  Trackback:0
back-to-top