2014
08.31

フンフーン🎵

Category: 未分類
やっと!!!!青空〜〜〜
083114.jpg


ズイッ
083114a.jpg


ニャンですって。太陽ね!


待ち遠しかったわぁ。さ、まずは日向ぼっこよ〜



ふぅ。。。
083114b.jpg


あ、あのっ 

会長、お尻しか日に当たってませんけど?



畑のみんなも嬉しそうでした。

上高地などの立ちキュウリは去年よりうんと早く終わってしまったけど。

晩生の、地面を這う地這いきゅうりがやっとスイッチオン
083114c.jpg

こないだまで雄花しか見えなかったけど、雌花が咲き出しましたよ。
083114d.jpg

これは「ときわ地這いきゅうり」という品種。おいしいですよ。

ただ、収穫がかなり大変ね。つるが地面を這っているものだから、実を発見するのが一苦労。

葉っぱをめくりながら「いませんか〜」と声をかけて。

うっかりすると巨大化してますもんね、ちょっとした宝探しのようですよ


さぁ落花生の残りのマルチをはがしに畑を移動〜

移動中に

はっ

083114h.jpg

いやぁぁ まだ1本残っていたゴボウの株、あまりに雨が多かったものだから種が発芽してきちゃいました こういうこともあるんだね

AKIKO



スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2014
08.29

まだ8月なのに

Category: 未分類
ビーよ。急に寒くなっちゃったんだけど何かしら
082914.jpg


畑は今朝16度まで下がったそうよ
082914a.jpg

みんな、この温度計の見方覚えてるかしら。左が最低気温よ。青い線の一番下がコロンと丸くなってるとこ、そこが最低気温よ。

16度って。。函館が17度、室蘭が16度ですってよ。ほんとに北海道並みね。

畑は寒いだけじゃないのよ。ここのところ連日鹿が入ってきてるらしいわ。
082714y.jpg

あら〜〜、フミフミっとしてるわね〜。
これホントに鹿なの?そのへんのオジさんの足跡じゃないのかしら。

踏まれてるところは何かまいたのかしら?
え?大根? あらやだ、よく見ると緑の筋が見えるわね。もう芽が出てるんじゃないの。
いくつか踏みつぶされちゃったわね

畑に護衛を置いた方がいいわよ。ワンワン吠える生き物とかね


来週には暑さが戻ってくるっていうから、それを待つばかりね
農場主もお日様が恋しいだろうけど、あたしだって日だまりで毛繕いしたりしたいわ〜〜

ビー


Comment:0  Trackback:0
2014
08.27

種取り物語 ゴボウ

Category: 未分類
7月中旬にきれいな花を咲かせていたゴボウ。
071114f.jpg

台風にも長雨にも全く動じる事なく、その後たくさんの種をつけました。
082714.jpg

痛そうだね?このトゲ。。。


下の方は完全に木と化してますよ。枝打ちバサミでガシガシ切る農場主。ノコギリの方がよかったかもね。
082714a.jpg


作業場に運んでもう少し乾かします。運搬は軽トラックで。
082714c.jpg

これ面白い光景だね。田舎でよかったね、都会でこんなの走ってたら怪しいね



あれ、農場主、笠にブローチがついてるよ〜
082714b.jpg


取ろうと思ったらしっかりとくっついていてなかなか離れません。

ゴボウの種は強力くっつき虫でした

なるほどね〜。動物の体にくっついて移動しようとする作戦ですね。

でもこのゴボウの背丈といったら。。。こんな高いところ通過できる動物いないよ?キリンか?
ゴボウの幹はきっと冬の間はスックと立っていて、春になると倒れるんだね。
そこへ動物が来て、体にこのイガイガをくっつけて持っていき、またどっかで体が触れて種が落ちる、と。

策士ですなゴボウ


どれ、ゴボウの種をほぐしてみましょう。やっぱり手にもチクチクがくっつきます
082714d.jpg

中には種がギッシリとつまっていますよ。
この種のでき方は、ヒマワリにそっくりだなぁ。。。

ん?そっくり?

調べてみたら、何とヒマワリもゴボウと同じキク科でした

意外な親戚つながりでしたね

さ、来年はゴボウたくさん作るぞ〜。

AKIKO


Comment:0  Trackback:0
2014
08.26

太陽はいずこ

Category: 未分類
ちぃとも晴れてくれませんなぁ。。。

大玉・中玉トマトに続き、湿気が嫌いなピーマンが一斉にやられてしまいました。
082614.jpg

収穫始まったばかりなのに
実が黄色くなったり小さいうちに落ちたり。

ひどいのになると根っこが腐っちゃってます。写真のは、まだ株が生きてるし、株の上の方ではまた花が咲き出してるから、天候が回復しさえすれば実ってくれると思います。
がんばれ

やっと実りだした梨ナスもね。水が多すぎて実が割れちゃって。
082614a.jpg

自給では食べられるけど、セットに入れられる品質ではないですね。。。

枝豆も、湿気でさやが小さいうちに黒くなっちゃいました。


川も結構な水量です。
082614b.jpg


困るわねぇ
082614e.jpg


そうですね。でも困っていても仕方ないので、できることをやるだけですよ


川べりでお昼食べるとか
082614c.jpg

カボチャ収穫してみるとか
082614f.jpg

これはバターナッツ。ねっとりして甘いからスープにピッタリ パンプキンスープ
やっぱり完熟する前に葉っぱが溶けてなくなってたので、追熟させないとね。


ってことで。

秋の葉ものが取れだすまで、セットの品目が少なくなります。

元気なのは、オクラ、モロヘイヤ、マッツ(ただし雨が多いので味が少し薄まってます)。

ミニセットとなりますので、金額も下がります。

お好みでジャガイモ入れられます。


種類が揃ってから欲しいという方は遠慮なくパスしちゃってくださいね。

和尚オクラやマッツ好きな方はぜひ食べてくださいね。
秋物が揃うころにはオクラやモロヘイヤは終わりますので、和尚狙いの人は今

AKIKO


Comment:0  Trackback:0
2014
08.25

嬉しい応援隊

Category: 未分類
昨日、いとこfamilyが援農に来てくれました

手伝ってもらったのは、お盆過ぎてもまだ土の中にいるジャガイモの堀り上げと洗い。

「あのぉ〜、これじゃもう芽を出しちゃいますけどいいですかぁ〜」というジャガイモの声を聞き続けることしばらく。もうほんとにヤバいよね、という状況を察知したか否か、ともかくありがたいお助けでした。

今年のうちのジャガイモは、マルチして育てた分土寄せをしていないのでイモが浅めのところにできていて、割と掘りやすいのです。

掘るべし、掘るべし!
082514.jpg

人手があるってありがたいですね。残っていたジャガイモ全部を1時間ほどで掘り上げました

掘った後は、川まで徒歩で移動しておイモを洗いますよ〜

私たちは水の冷たさに慣れてるけど、かなり冷たかったんじゃないかなぁ。。。

その後お土産野菜を収穫してもらってお別れしました。

みなさんありがとう〜  また来てね。

次回は場所を伊豆に移して、ね。
おじさま、例の物を飲み比べしましょうね



楽しい時間の後は、種まきとカボチャの収穫。

やや、草むらに赤いものが。
082514e.jpg

一部収穫しましたが、打木赤栗かぼちゃ。石川県の在来種です。
082514f.jpg

今年初めて作りましたが、きれいな色ですね ヘタのところが完全にコルク化する前に葉っぱが溶けてなくなってしまったので、まだ完熟してないと思います。作業場に運んで追熟してからお届けしますね。
あ、その前に味見しないとね。

収穫後家に戻り、作業場にジャガイモを並べます。
082514b.jpg

手伝ってもらったおかげでジャガイモ掘りきれたので、ささやかに2人で炭火焼き鳥party
082514a.jpg

会長も味のついてないのを少し食べましたね。おいしかったですね、会長。

あれ?会長?
082514h.jpg

復帰早々激務で疲れたわ。あたしは箱に入るからブラッシングしなさいよ

は、はぁ〜い

AKIKO


Comment:0  Trackback:0
2014
08.23

会長の復職

Category: 未分類
久しぶりね、ビーよ(キリッ
082314d.jpg

突然だけど言わせていただくわ。
あたし、復帰するわ。

あたしが監視していないと農場主が危なっかしくてしょうがないのよ。


雨が降るってあたしがせっせと顔洗ってるのに、その横で天日干しにするトマトを切り始めたりね。
082314a.jpg

今年初めて作ってる「ロッサ ビアンカ」っていうナスがあるんだけど、やっとこさ1つ採れたのよ!ちゃんと味見をしよう、って言ってたのに、気づいたら細かく刻んでチャーハンに入れちゃってたりね。
これじゃ味がわかんないじゃない。


てことで。あたしがちゃんと監視してないとダメなんだってことがよぉくわかったのよ

だから、復帰するわ。

あたしのファンの人にも心配かけたわね。ペコリ
082314.jpg

今日からまた心機一転がんばるわね。

ところで、今朝はまた雨が降ってたわね。また雨。。。

野菜の値段がとっても高くなってるんですって?
こないだから台風+長雨だものね、仕方ないわね。

うちの畑は大丈夫なのかしら。ちょっと見てこようかしら。

ん。。。。

やっぱやめとくわ。せっかくの白い靴下が汚れるもの。農場主行って来てあたしに報告しなさいよ。
082314b.jpg

ビー


Comment:2  Trackback:0
2014
08.22

8/21

Category: 未分類
まずまず安定した天候が続いているので一安心。Coffee Break
082214e.jpg

Harmonia畑のお隣の田んぼの稲も頭を垂れる季節になりました。
082214b.jpg


今日は大根とカブの種をまきますよ。

まき方は自然農風に。

植え穴1カ所ずつ、草をどけて土の中にノコガマを差し込み、雑草の根を切っていきます。
082214.jpg

全部穴の準備ができたら種まき。これは自家採種した女山三月という皮が赤い大根。
082214a.jpg

1カ所に5粒ずつまいていきます。まいたら上からしっかりと圧着して。早く出ておいでね。

女山三月の前に、中が赤い紅芯大根、チビでかわいい源助大根をまいているので、大根はこれで3種類まいたことになります。


お次はカブ。大きくなるものから種まきです。岐阜県の在来種の木曽紅カブ、京都の聖護院大カブ、山形の温海カブ。木曽紅カブは去年セットのおまけで食べた方もいますよね。聖護院と温海は今年初めてなのでうまくできるといいな。

大根と同様、自然農風にまいていきます。
082214c.jpg

草をかき分ける音、ノコガマを土に差し入れる音、根を切る音、色々な音を奏でながらリズミカルに1つずつ進めます。

農仲間たちは機械で土を耕して、機械で畝立てをして、手押しの機械で種をまくやり方が圧倒的に多いかな。
Harmoniaは、畑の一部では去年クワで畝立てしたその畝をそのまま使います。種まきも手作業で。

去年の畝にノコガマを差しこんでみると、サクッフワッとしているところがすごく多いです。土はツブツブのいい感じ。去年育てた野菜や草の根っこが分解されて空気層が確保されているのと、ミミズを始めとする虫達のおかげ。

決して効率的ではないけど、畑の変化を感じながら畑の声を聞きながら野菜を作りたい。それがHarmonia。
仲間たちのやり方もいいと思います。どちらがいい悪いではなく、どのやり方がしっくりくるか、自分にピタッとはまる農法でやるのがいいと思います。

8/18にまいた白菜が発芽
082214d.jpg

この1m横では、こぼれ種から発芽した白菜の双葉がワサーっと出てました
強いね、勝手生え。まいたものと成長がどう違うか、見守ってみますね

AKIKO



Comment:0  Trackback:0
2014
08.19

やっと朝から!

Category: 未分類
快晴
081914.jpg

よかったねぇ 
前線が北の方にズレたから、ようやくの晴れです。
雨のひどかった西日本の地域の方々もホッと一息つけているでしょうかね。。

ん〜、でも富士山傘雲かぶってるけどね。。。き、気のせいだよね。


本日は出荷日。農場主がせっせと収穫しております


やっとピーマンたちが出動ですよ。これは自生えピーマンという品種。
081914a.jpg

こちら万願寺唐辛子。
081914b.jpg

万願寺のなるのを今か今かと待っておりました
去年おいしかったからね。

2度食べたけど、

あれ?

今年の万願寺は、、、

普通・・・


自家採種してるから去年と同じ味のはずなのに。

もしかして。

近くのピーマンと混ざった可能性もありますね。。。

天候が悪い日が続いたから、味が乗っていないだけかも知れません。
もう少し様子を見てみましょう。

AKIKO



Comment:0  Trackback:0
2014
08.18

自家採種の白菜まき

Category: 未分類
今朝6時。
081814h.jpg

昨日はほぼ1日結構な量の雨が降り、作業不能だったので、今日こそは、と意気込んでおりましたが、朝この天気。

スト中の会長もせっせと顔を洗ってるしねぇ。。。今日もまた雨。。いや、今日は大丈夫!と言い聞かせ出発

すると。晴れてきましたよぉ
081814g.jpg

いったいいつぶりでしょうか〜。2週間ぐらいお日様見てなかったよね。嬉しい
って、嬉しさのあまりブレてるね


今日はね、大根やら白菜やら種まきしますよ 
白菜はね、既に購入種を播いて育苗して、畑に定植してあるんだけど、順調に 虫にかじられ始めているので、自家採種した種を出動させますよ

白菜の種取りを少しご紹介。

081814i.jpg

これすごいでしょ〜。これで白菜10株分。白菜の株からニューっと”とう”が立って、黄色い花を咲かせます。虫に見つけてもらいやすいようにできるだけ背を高く高くしようとする白菜たち。けなげです。

そんな風に種を結んだ白菜、そのサヤをワシワシと揉んで、と。
081814j.jpg

こんなに種が取れました。
081814k.jpg

ホントはここで水につけて、水に沈んだ種だけを取り出すんだけど、時間がないのでその作業は割愛。
ま、未熟な種が入っているのを見越して、その分厚まきすればいいでしょう。

で、次の写真はいきなり播き終わった後。いや〜途中すごい雨が降ってたもので。
081814m.jpg

たぶん、通常まく量の3倍ぐらいはまいたと思います。
まき終わったところに農場主がハラハラと載せているのは、種取りの終わった白菜のサヤ。乾燥防止に役立ちます

初めて試してみるまき方なので、どんな風に育っていくのか興味津々。

みんなスクスク育ったらそれはそれは間引きが大変なことになります

ま、出たとこ勝負で。



帰り際、相模半白の種取り用の実を取ってきました。
081814l.jpg

キュウリですよ。でっかいね あとしばらく家で追熟させてから種を取ります。

自家採種な1日でした
そして、晴れていたのは4時間だけでしたあとはいつもの雨と霧

ふぅ。会長、明日こそ顔洗わないでね


AKIKO



Comment:0  Trackback:0
2014
08.17

和尚オクラ

Category: 未分類
スックと美しい実のつき方
081614f.jpg


081614e.jpg

スーパーで売られている普通のオクラに比べて、色が薄くて大きいんですね。

最初この大きさにビックリする人も多いです。「か、固いでしょこんなに大きかったら」と。

でも、柔らかいんですね〜

沖縄の品種、島オクラも大きくなっても柔らかいけど、あちらは丸オクラ。こちらは角オクラです。

しかも、一般的なのは五角オクラといって、角が5つあるんだけど、和尚オクラは八角とか九角とかあります。


この和尚オクラ、富士山麓のとあるお寺の和尚さんが大切に長年作り続けてきたもの

ご縁あって、和尚さんが大事に継いできた命の種、それを少し譲っていただく機会を得られたんです

育ててみると、肥料無しではなかなか大きくならなかったけど、それでも後半グンと伸びてきた株がいくつかあったので、それらから大事に種を取って。

そんな風にHarmoniaの子になったオクラなのです。

和尚さんは品種名にはこだわっていらっしゃらないので、特に名前がなく、私たちとしては名前がないと呼びにくいなぁ、ということでつけた名前が「和尚オクラ」

そんな由来を持つ和尚オクラ、ゆでで刻んでももちろんおいしいけど、Harmoniaがオススメする食べ方が

「和尚オクラの一本焼き」

熱したフライパンに少し油をひいて、和尚オクラを並べます。
081614d.jpg

切らずにそのまんまね。フタをして中火で蒸し焼きに。

081614c.jpg

ジューパチパチ音がしてくるけど動かさずに我慢ね。

焼き目がついたらひっくり返します。
081614b.jpg

ひっくり返すまで何分ぐらいかって?う〜んいつも計ってないからワカリマセン3分ぐらい?
焼き目がついてるかお箸でつまんで裏を覗いてみてね。
ひっくり返してからはやや短めで。

味付けは、塩だけ、しょうゆだけ、でOK  (友情出演:マッツ)

081614a.jpg

ヘタがついたままなので、そのヘタの部分を持ってパクっと食べてください。そう、手づかみですお行儀悪いと感じる人はお箸で〜。

これが一番和尚オクラの旨味が生きる食べ方かな、と思っています。フライパンは厚手のがあれば薄手のものよりもおいしくできます。

やっぱり切って食べたい、ほかの野菜と炒めたい、そんなときは、細かく切らずできるだけ大きめにザクっと切ってくださいね。

あと、いくら柔らかいといっても、冷蔵庫で3日も4日も寝かせたままではスジばってきますから、早めに食べてくださいね

AKIKO




Comment:2  Trackback:0
back-to-top