2014
04.29

竹くれ〜

Category: 未分類
朝はまだ寒い。昨日は最低気温が3度まで下がりました

これ最高最低温度計ね。見方知らない方のために。左側が最低気温、右側が最高気温を示していて、青い棒の一番下がぷくっと丸くなっていますでしょ、その位置が、左だと最低気温、右だと最高気温、をそれぞれ示しています。

042914a.jpg

苗達は?と心配になりましたが、みんな元気なもんです。全くダメージありませんでした。よかった

そんな中、畑の一角から「あの〜」という声が。

042914f.jpg

絹さやえんどう達です。去年の11月に種をまいて、寒い冬そして大雪を乗り越え、やっと大きくなってきたと思ったら。

えんどう:「あれ?おっかしいわね、つかまるものが、、、ない、、、かずちゃん暖かくなる前に支柱立てといてくれるって言ってたのに。こっちかしら、ないわねやっぱり」という声が聞こえてきそうな雰囲気。

ごめんね〜  すぐやりますから。

地主さん所有の林の中にある竹をもらってきます。

042914e.jpg

えっさほいさと畑に運びます。どっか外国の人みたいですがアキコです

042914c.jpg

運んだ竹をえんどうの畝に立てて、麻ひもで縛っていきます。

042914d.jpg


何だか七夕みたいね。短冊飾ろうかしらん

042914g.jpg

できた。

042914h.jpg


えんどう:「いや〜 よかったぁ〜

お待たせしましたね。みんな。
えんどうたちはつぼみを付け始めているので、6月に入ったら収穫できるのではないかと。待ち遠しいなぁ

Comment:2  Trackback:0
2014
04.28

親方な日

Category: 未分類
昨日は1日快晴でお出かけ日和でしたね

Harmoniaでは、現在家の前に作業場を作っておりまして、昨日はその作業を行いましたよ。

親方セット

042814b.jpg

去年は、野菜セットをお送りする際に、野菜を収穫したコンテナを1つ1つ家の中に運び込み、家の中で袋詰めなど発送作業をしていたのですが、我が家は傾斜地に立っている関係で、重いコンテナを持ちながら玄関にたどり着くまでが大変 家の中での作業効率も悪いので、外に軽トラックで乗り付けられるような作業場を作ることになったのです。

ホントは時間の取れる冬の間にね

基礎と骨の部分は近所の工務店さんにお願いをして、屋根と壁、塗装や内部は自分たちでやるという方法。
色々な作業が押せ押せで、軽く焦りが入っておりますが、そんな気持ちを隠しつつ楽しく作業。

見るに見かねて?手伝ってくれた近所の先輩農家さん。ありがとう

042814f.jpg

昨日は屋根の仕上げの作業を。防水シートを貼って、その上に屋根の仕上げ材を1枚ずつ専用の釘で固定していきます。

アキコは昨日初めてお手伝い。久しぶりの高所、久しぶりの釘うち、いや〜楽しかったです

作業後のリラックス姿

042814.jpg

この親方ルック、見覚えのある方もいるのでは。そう、2年前のログハウスのセミセルフビルドのとき。
あんまり懐かしいんで写真載せちゃいます

042814a.jpg

運びましたね〜、積みましたね〜。かずちゃんもほら

042814d.jpg

ほら。

042814e.jpg

想い出が走馬灯のようにガランガランと。
あ、これ始まると長いんでこのへんで。興味のある方はお知らせください。

と、脱線しましたが、作業場、昨日の段階でこんな感じです。

042814c.jpg

屋根の3分の1ぐらいがぽっかり空いているのは、その部分は日が入るように透明にして、その下に干し場を作るためです。ドライトマトや干し芋、切り干し大根なんかを作ります。

作業場の残りの作業量は2人で2.5日分ぐらいかな?天気と畑と相談して仕上げますね

AKIKO


Comment:2  Trackback:0
2014
04.26

大根の花

Category: 未分類
大根の花。
写真 1-1
2月には60cmの積雪の下に埋もれていた大根も、大空へ向けて可憐な花を咲かせました。
青空へ天を仰ぐように。
下の葉っぱが大根の葉である事がわかりますね。
チョウチョや蜂達に見つけてもらう為に高く花芽を伸ばします。
この時期が一番エネルギッシュな生命力を感じる時です。

からし菜の花。
写真 1-2
昨年、野菜セットに入ってたからし菜です。
花も食べるとからしの味。種からからしができるかなぁ。

ルッコラの花。
写真 2-2
なぜだか胡麻のような風味のする美味しい花です。

丸葉小松菜の花。
写真 3-1
これも野菜セットでおなじみでしたね。
こんな奇麗な黄色い花を咲かせます。花も小松菜特有の少し濃い味。美味しいです。

花。花。花。あれ、野菜の花セットができちゃいますね。

農場主
Comment:2  Trackback:0
2014
04.25

Harmonia

Category: 未分類
Harmoniaではかなりの部分の農作業を手作業で行います。

畑の広さは4反(1,200坪)あるので、このぐらいの規模だと、

マルチを張る機械

とか

種をまく機械

なんかを多くの農家さんは使っています。

でもHarmoniaは手作業。

特に種まきは手でやった方が愛情が伝わるような、そんな気がしてます


だけど、畑の一部を耕すときは、機械の力を借ります。

耕さないゾーンもあるけど、耕すエリアは、地主さん所有の30年物の耕耘機をお借りして、ごくごく浅く耕します。

042514.jpg

乗用のトラクターでガンガンに耕す先輩達も多いけど、Harmoniaでは、ゆーっくり、あさーく。

深いところまで耕して土の構造というか、組織というか、そういうものを破壊したくないのと、たくさんの生き物がいる土壌なので、そいつらが逃げられるスピード、そいつらをぶったぎったりしないスピードで、ね。

眠りから覚めたばかりのこいつらもいるし。

042514a.jpg

そういえば、自然農風にノコガマで土をカリカリと掘っていると、ミミズが地上に出てくるんですよ。

やつらからしたら、カリカリいう振動はモグラの襲撃だと思うんでしょうね。
「モグラよ!逃げて!」な感じで、サーっと浮上して結構なスピードで逃げていきます

そんなミミ君たちもHarmoniaの大事な従業員ですから 

いろんないのちと共に。調和を保って。だからこそのHarmonia

AKIKO
Comment:2  Trackback:0
2014
04.23

イモ&マメその2

Category: 未分類
農場主です。
じゃがいもの芽出し作業が終わりました。
コツコツやって全部で1050個分。腰と足の筋肉が張ってます。
写真 1
この地域は寒いので、ジャガイモを植えた上に黒いビニールを張って地温(土の中の温度)を温かくしてあげて、成長促進してあげます。
昨年は普通に植えて、遅霜でこの時期に半分芽を凍死させてしまいました。
この方法は地元のおばあちゃんに教えてもらいました。その地域のやり方は地元おばあちゃんに聞く。これ、ほんと大切な事なのですね。
今年もレッドムーンとキタアカリ。スクスク育ってくれるといいなぁ。

午後には枝豆を蒔きました。
写真 2
これは「大豊緑」。在来種の枝豆。
ここの畑はまだ寒いのと、鳥がたくさん住んでいて直蒔きするとほとんど食べられてしまうので、こうして容器に蒔いてビニールハウスの中で育苗します。
おへそを横向きにして、みんな方向を揃えて蒔きます。そうすると発芽が揃い、双葉が邪魔し合わず奇麗に育ちます。
うまくいったら報告しますね。
この後、「たんくろう」黒豆系の枝豆も蒔きはじめました。美味しいよ。
Comment:0  Trackback:0
2014
04.22

イモ & マメ

Category: 未分類
かずちゃん、朝の畑パトロール中に、なにやらザワつく声を聞く。

そのあたりでモコモコしてるマルチを開けたら、ジャガイモが発芽しておりました

042214a.jpg

少し遅霜にやられた部分もあるけど、元気ですね 
ザワザワしてたのはきっと、「開けて〜っ」っていうイモ達の叫びね。

ってことで。予定を変更して急遽マルチの穴あけ。かなりありますな。
傷つけないように開けないといけないから、時間かかります
042214b.jpg

そろそろこちらの祭りも始まりますよ 
枝豆祭
042214.jpg

去年は枝豆だけで10数種類作りましたが、今年は厳選7種類 (←”厳選”になってんだろうか

写真はそのなかでもHarmonia イチオシの品種「たんくろう」隣は「にゃんくろう」

去年のHarmonia人気ランキング第2位!(投票してもらった訳ではないけど、みなさんの反応からね)
今年はこんなにたくさん播きます。今年も夏場、みなさんにおいしさをお届けしますよ


Comment:0  Trackback:0
2014
04.21

穀雨

Category: 未分類
こんにちは。農場主です。畑は今日も雨です。
昨日は二十四節気の「穀雨」の日。
しとしと降る雨は畑の土を潤し、野菜達を成長させる準備を整えてくれます。
恵みの雨ですね。
夏野菜の種まきも真っ盛りになります。

菜花

白菜の花が今満開です。
虫さん達がせっせと花粉を運んでくれます。
こうして今年の白菜の種が出来ます。
もうこの時から白菜作りが始まっています。虫さんありがとう。
生命の営みは不思議ですね。
Comment:0  Trackback:0
2014
04.19

気長に。

Category: 未分類
次なる鉢上げ祭りの対象はこちら、「万願寺とうがらし」

041914a.jpg

去年は、たぶん2〜3人かな?ごくわずかなLUCKYな方々が、「完熟万願寺とうがらし」を食べることができましたね。
普通に緑のやつもおいしいけど、完熟のおいしさといったら。

私たちも、今まで緑のしか食べてなかったのです。去年初めて、取り遅れて樹の上で赤くなった万願寺を収穫して食べてみたら、甘くてほのかに酸味があって、驚きのおいしさ 
酢豚なんかにピッタリですね。

今年は、農園主かずちゃんも「完熟のたくさん作るぞ〜」と意気込んでますので、できるだけ多くの方に食べていただけるといいなと思ってます。

あ、それでね、万願寺ができるのが、たぶん、、8月ぐらいかな?


そんなに待てない!という方に。

こちら、発芽したてですが、オカノリさんです。
041914b.jpg

去年夏場のセットに入れましたので、記憶にある方もいるかな。ヌメリのある健康野菜です。おいしいよ。

これが、今年は7月ごろできるんじゃないかと 
ええ、まだ双葉ですけどね。そして、この後1ヶ月ぐらいたぶんこの姿のままですけどね、そこからがグーンと行くんですよ、オカノリさんは。

いずれにしても気の長い話ね  

かつて、仕事を頼んで5分後に「できました?」って聞いてきた上司がいたけど、そういう人ほど農業やったらいいんじゃないかなぁ。ね、Tさん

では今日の最後は、そんな東京在住のTさんに向けて、、、Harmoniaのアスパラガス。

041914.jpg

ニョキニョキ出てますよ!?!? もう取っていい

ダメです。去年種をまいてまだ2年目だから、今年も株を大きくしなくちゃ。
来年の春に食べられますよ


※※ 写真のサイズを色々と変えてみてます。これだと少し小さすぎますね〜。

Comment:0  Trackback:0
2014
04.17

祭り、開始

Category: 未分類
今年3/20から種まきを開始したHarmonia。

20日と21日にまいたトマトなどが育ってきたので、次のアクション

鉢上げ です。

セルトレイだともう狭いし、定植するにはまだ畑は寒いし、もっと大きくなってからでないとダメだし。
ってことで、セルトレイの集合住宅から個室にお引っ越し。
041814b.jpg

苗を一つずつポットに移します。
041814c.jpg

トマト、終了
041814d.jpg

次、キャベツ
041814e.jpg

種まきから1ヶ月近く経ってこの大きさ。でも、地上部に注目するのではなく根っこに注目するのです。しっかりと根っこが張ってきてますよ。

みんなスペース広くなってよかったね。
041814f.jpg

鉢上げした子たちは、ゴールデンウィーク明け、遅霜の心配がなくなってから畑に定植です。

今日はレタスの定植も行いました。明日は雨の予報だから、雨が降る前にね。
100株以上あったけど、ちゃんと育って皆さんに食べてもらえるといいなぁ
なんでかって?うち、レタスを作るとどうも苦くなっちゃうんですよね。
温度変化が急だったり、レタスの場合だと、成長するのに時間がかかりすぎると苦くなる、らしい。なので、成長に時間がかかるという点では、Harmoniaの無肥料栽培はとても不利ですね。

かといって肥料は入れたくないし、無肥料でもちゃんと作れてる方々もいるはず。
おいしいレタスが作れるようになりたいな〜。色々調べつつやっていきますので、長い目で見ていてくださいね。

”あれ?そういえば野菜セットにレタス入ってこないね”、、という事態になったら、そのときは、”今回も苦いのができたのね”、と思ってください。=苦いの好きなかずちゃんが毎日シャリシャリ食べていることでしょう。

野菜道、奥は深く先は長い。めちゃめちゃ面白いです

ってことで。

ついに鉢上げ&定植祭りが始まりました。いよいよ忙しい季節になってきます

倒れない程度に頑張ります 援農希望の方はご連絡くださいね


Comment:0  Trackback:0
2014
04.16

Intruder!!

Category: 未分類
夜のうちに畑に侵入者が

電気柵がなぎ倒されています。

041614.jpg

犯人は 鹿 
041614_1.jpg

ジャガイモのゴロゴロ植えをしたところを闊歩していきました。

コラーッ イモ踏むな〜〜っ

かずちゃん、電気柵の復旧をして、ついでにお隣との境界間際に防草シートを敷き増しして午前の部終了。
041614_2.jpg

全国的に数が激増している鹿。
顔を見るとつぶらな目が愛らしいけど、林業や農業をしている人にとっては悩みの種ですねぇ。

農家仲間でも、「わな猟」の資格を持っている人たちがいます。
うまいこと共存できたらいいんですけどね。




Comment:0  Trackback:0
back-to-top