FC2ブログ
2020
06.13

畑とピヨニャン

Category: 未分類
畑ではジャガイモが綺麗な紫色の花を咲かせています。

061220c.jpg

この日はキュウリの定植を。

061220e.jpg

在来種の白糸在来きゅうりです。

061220d.jpg

本葉が1枚出た段階でポットの中にもう根がぐるっと回りました。

ちょうどいい定植タイミングです。

発芽率が悪いという情報を得ていたのでたっくさん種をまいたら、全部芽が出ちゃいました。

なので、出荷していた頃のような株数の定植となりました。

いったいどうなるのでしょうか。


休憩時間には桑の実を口にポイポイと放りこみます。

061220f.jpg

美味


さてところかわってログハウス。

健やかに成長中の2羽。

061220.jpg

061220a.jpg

水を飲むミラちゃん。

ハヤブサと並んでトロ箱のヘリに止まるケンケン。

ハヤブサはそろそろ育児モードが解除され始めているようで、それまではまずはチビたちにご飯を食べさせていたのですが、2羽を気にせずに自分がガツガツと食べるようになってきています。

顕著なのは生き餌をあげるとき。小さな芋虫さんをあげると、今まではくちばしではさんで、でも決して自分では食べずに、チビにあげていたんです。ほらお食べ、って。でも今は、「あ、あたし先にもらいます」って感じで、パクッと飲んじゃいます。そのスピードの早いこと。

チビたちは生後1ヶ月。育児モード解除にはまだ少し早い気もするけど、個体差があるんでしょうね。

さいご。

甘えん坊ニャンコ、フワフワシフォンケーキを欲しがるの巻。

061220b.jpg

アキコ


Comment:1  Trackback:0
2020
06.11

棚田のいきもの

Category: 未分類
稲刈りの時ですら水を落とさなかった棚田、今年は早くもトンボの羽化ラッシュが始まっています。

060920c.jpg

これね、ヤゴの抜け殻なんですけど、大きいでしょ? ヤンマです

調べてるんですが、まだなにヤンマかわからないんです。

ギンヤンマに一番近い気がするんだけど、まだはっきりわかりません。

トンボに詳しい人いたら教えてくださいね。

このサイズの抜け殻があっちこちに。棚田の下の段では小さいヤゴたちばかりで、ヤンマのは最上段にほぼ集中しているような気がします。(まだ観察不足かもしれない)

田んぼに飛び交っているのはシオカラトンボが圧倒的多数。去年たくさん飛んでたウスバキトンボは時期的にもっと後の方での出現かと。

ヤンマも一度だけ見ました。だけど、抜け殻の数の割には飛んでる子が少ないの。

ヤンマって身体が大きいから行動範囲も広いのかも知れませんね。勝手な推測だけど。

モグラの穴をつぶして回っていたら、こんな子を発見。

060920g.jpg

羽化直後!シオカラちゃんかな? 驚かさないようにそーっとそーっと。

060920d.jpg

こちらはカナヘビちゃん。

お腹が大きいわねぇ。産卵が近いようですね

生き物いっぱいで楽しいわね〜、ブンブン。

060920e.jpg

060920f.jpg

オニグルミの木陰で休憩。写真右下らへんにクルミの実が見えます。

まだ青いのがじっくり時間かけて熟していくんですね。


豊かな自然の中に身を置くと心身共に整います。

整った身体で、ヤゴたっぷりの田んぼにそーーーっと入ってそーーーっと田植えです

アキコ

Comment:1  Trackback:0
2020
06.09

多年草化へ!まず第一歩

Category: 未分類
稲の苗の話をする予定だったのに、肝心の苗の写真を撮り忘れました

いや、苗床の方の写真を撮り忘れたんです。バシバシ写真は撮ったの。

ほら、農場主だって。

060920.jpg

我々が何を撮っているかというと。

これだ!!

060920a.jpg

わかりますか!?

これ、稲なんです!!!

去年稲刈りした後の株をそのまんまにして、冬の間もお水をずっと張りっぱなしで、そしたらいつ出てきたかわかりませんが、ニョキニョキと新しい芽が出て育って、こんなことに!!!

あ、ちなみにこの写真、あと2カ所地味にスゴいものが写っています。

水面に浮かんでるのが、絶滅危惧種のイチョウウキゴケ(コケの中で唯一水に浮く子)、そして稲についている薄茶色のものは、ヤンマのヤゴの抜け殻です

すごいね〜、すごいもの3つも写ってるよ。

まぁ、凄さがわかる人は少ないかも知れないけど

そうそう、それで、稲の話に戻ります。

稲はもともと多年草なんですって。なので、うまいこといくと、毎年生えてくるようになる。

そうすると、田植えもいらない。お水の管理を適切にして、稲刈りするだけ。

(ただし、次から次へと分けつしながら穂を実らせていくので、お米が熟すタイミングがずれるため、収穫は2〜3回に分けて行うそうです。株ごとガサっと刈り取るのではなく、実った穂を抜いていく”抜い穂”というやり方だそう)


稲が多年草化するにはいくつも条件があって、なかなかそうすぐにはうまくいかないらしいです。

私たちも、何年かかけてそうなるといいね、ぐらいの気持ちなんです。

でも多年草化への第一歩が早速目の前に。

棚田9枚のうち1番上の段の、一番水温が高くて深水のところに10数株。

稲か!?と思うとだいたいヒエなんですよね


060920b.jpg

見てください、既に10本以上に分けつしています。

一方苗床の苗は当然まだ1本だけ。ものすごい差です。

そして、この写真の苗の力強いこと!

すごいですね〜。こんな苗からできたお米を食べたら、パワー満点ですよ!

まぁ、10数株しかないから当然全部来年の種にするでしょうけど。

1段全部が多年草化するにはどのぐらいかかるでしょうか。

水温と水の深さはとても大事なポイントだということがわかったので、冬場いかに暖かい水をふんだんに保つか、ですね。

楽しみです。

アキコ

Comment:4  Trackback:0
2020
06.04

シードバンク

Category: 未分類
この間シードバンクで先輩農家さんの畑でネギの種採りをしました。

060320.jpg

たくさん人が集まってビックリ

農場主が、ネギの花の咲き方を伝えています。全員、ネギ坊主を見るのは初めて。

060320a.jpg

皆さん、ネギ坊主が小さな花の集合だということに驚いていましたよ。

060320b.jpg

この子はつぼみの状態。先端が1つ咲き始めましたね。

それにしてもいのちの塊です



午後はシードバンクで借りている畑へ。

私は超久々の訪問です。

こんなものができとりましたよ〜。

060320c.jpg

ものすごい畝

これだとサイズ感がわかりませんね。

農場主とブンブンに入ってもらいましょう。

060320d.jpg

丸い畝の奥です。

060320e.jpg

真ん中の支柱には、100年インゲンがつるを伸ばし始めていましたよ。


いやぁ、よくこれ作りましたね。農場主と、シードバンクの活動に賛同してくれているお母さんたちが何人も手伝ってくれています。

ずっと農場主とよしえさんと2人だけで活動していましたからね〜。輪が広がって本当に嬉しいですね

さて、そろそろ棚田の田植えが始まりますよ。

苗はいったいどうなっているでしょうか。

アキコ

Comment:0  Trackback:0
2020
06.03

あさぎり

Category: 未分類
こないだ、獣医さんに行った後でちょっと足を伸ばして牛さんを見てきました。

060320y.jpg

この後、「あら、犬よ?」みたいに牛さんが何頭もこっちに近づいてきましたよ


牧草地でブンブンを少し走らせました。

060320x.jpg

広大さがよくわかりますね〜。

060320w.jpg

呼んだら走って来た

060320v.jpg

あ、切れた


もうじき梅雨ですね。

この時期の花を1つ。

060520.jpg

何だかわかりますか?クレソンの花です。種が採れるかな〜。

アキコ


Comment:0  Trackback:0
back-to-top