FC2ブログ
2019
02.12

ザ・生命力

Category: 未分類
Harmoniaログハウスの中で、早々と大根の花が咲きました。

021219a.jpg

室内はあたたかいからね〜。

さて、この大根、ちょっとワケありです。

全景をお見せしますね。

021219b.jpg

わかりますか〜? 下の大根のとこのアップを。

021219c.jpg

穴が開いています!!!

こんな状態なのに生きているだけじゃなくて、花を咲かせているんです。

もともとこの大根は、抜いたときに既にパッカリと割れていて、中が空洞になっていたのです。

食べられる順番待ちで冷蔵庫で待機しておりました。

で、いざ食べようとしたのですが、理由は忘れましたが、上の方をくり抜くような形にカットして食べたのです。

書きながら思い出しました。こんな側面しか残ってない状態でも引き続き生きるんだろうか、それを知りたい、と思ったのでした。

それで、残った大根を水につけておいたら、あれよあれよと言う間にとうが出て、花が咲いた、と。

ものすごい生命力じゃないですか? 感動的

私より絶対パワフルです!! 



この生命力に通じるものが、もう一点。

こちらの写真集です。

021219d.jpg

表紙を見ただけで、さ、さむっ!!!!!!

よくまぁこんな雪の中で。

ちょっとご容赦いただいて1枚だけご紹介。

021219f.jpg

みんな〜〜!!

たくましく生きているのね。

もっとすごい写真が満載です。

どれもこれも、生きる力、強さを見せてくれる素晴らしい写真です。

気になった方はぜひ買ってみてください。


写真集に感動した後、「この北の猫たちに比べてうちの猫たちは呑気だしゆるいわね〜」と思っていたら。


ホラ見てごらん。生のお魚をもらって食べているよ。それにしても寒そうだね。

へぇ〜〜〜

021219.jpg

ズルッ ゆ、ゆるすぎだ

アキコ

Comment:0  Trackback:0
2019
02.09

今日の1枚

Category: 未分類
猫カフェ状態 至福

020919.jpg

Comment:2  Trackback:0
2019
02.08

冬の間のお楽しみ

Category: 未分類
富士宮には造り酒屋さんが4軒ありますが、1月〜3月にかけてそれぞれの蔵開きを行っています。

2/3(日)、4社のうちの2社が合同で行っている「蔵巡り」に農場主と行ってきましたよ〜。

このお祭り、「上野の里まつり 酒蔵巡り」という名前で、この形になってから今年で10回目だったそうです。

まずは富士正さんから。

020819b.jpg

富士正酒造さんを外から見たところです。このほっこり感がいいですね〜。敷地の中はたくさんのお店と人で賑わっています。

020819.jpg

ふるまい酒をチビ升でいただきます。

美味〜

何品かつまんでいると、地元のユニットのショーが始まりましたよ。

020819a.jpg

ラブ・ハーモニーさんです!

あれ〜。。。 確か4人組だったんだけどな。。。

一番高齢っぽかった男性がこの日いませんでした。

前回見たときと違って皆さんの衣装が黒っぽいのもやや気になる。。

ま、あまり深く考えずにいきましょう。

お次、牧野さんへ徒歩で移動〜

020819c.jpg

のどかな農道を歩いていきます。

道は知らないけど、たくさんの人がワラワラと歩いているので、迷子になる心配は無し。

020819d.jpg

牧野さん入り口〜。

こちらも奥はたくさんのお店と人で賑わっていました。

こちらでも振る舞い酒をいただいて、また何やら食べる。

いい気持ちになってきましたよ


最後、また徒歩で土井ファームさんへ移動〜。

020819e.jpg

牛さんこんにちは〜。牛舎の中フリーでいいわね。

牛を見た後はジェラートで〆。

農場主は、この日だけ発売の牧野さんのお酒で作られたシャーベットを食べていましたよ。

020819f.jpg

一口もらったけど美味でした。


のどかな上野地区を歩いて回ってその土地でできた日本酒などをいただく、とても贅沢な日でした。

今のところ毎年開催月が決まっているので、行ってみたいと思われた方はぜひどうぞ〜。

1月 高砂酒造
2月 富士正酒造・牧野酒造
3月 富士錦酒造←一番大規模

アキコ

Comment:2  Trackback:0
2019
02.06

ドングリと苦悩

Category: 未分類
ドングリ続報です。

さぁどうなってるかしら〜?と思いウキウキと覗いてみると。

020619.jpg

ガーン

枯れとりました

かじられただけでは枯れないので、これは下の土の問題ですね?

アスファルトをしく前に砂利みたいなのを入れてると思うので、それでは育たないのかも。

この周りのコケが枯れて育って枯れてを繰り返して肥沃になっていくのかも知れませんね。


周りあちこちで発根してたのでどうなったか見てみましたが、どこも似たような状況で、健康に育っているものは私が見た限りでは見つかりませんでした。

残念。

今年の秋は、ドングリを拾って植木鉢の上に置いてみたいと思います。水やりをしてね。


お日様が気持ちよかったのでお散歩の最後、家の前の道にペタンと座りました。

この辺りは人も車も少ないからこんなこともできるの 自由でしょ。

020619a.jpg

やだー、農場主から負のオーラが

漢字一文字で表すとすると「悩」「苦」ね。落ち武者ヘアが乱れるぐらいにね。

これも生きてる祝福ね

対照的なブンブンは、「喜」「楽」かしらね。今にいるわね。

農場主は頭にいるわね。


おじちゃんどうしたの〜?

020619b.jpg

コキーちゃんが心配してやってきました

ん〜、今必要なものを受け取ってるのよ。

でもそろそろ抜けるといいわね。

抜けるのに助けになる写真を載せて終わりましょ。

どーん

020619c.jpg




アキコ

Comment:0  Trackback:0
2019
02.03

Mindful Cooking & Eating

Category: 未分類
1つ前の記事で6日間の家出をお伝えしましたが、今回の家出には、Harmoniaのベジたちが同行しておりました。

この子たちね。

020319z_convert_20190203195615.jpg

左上から時計回りに、カブ、キクイモ、大根、里芋、ジャガイモ、カブ、ニンジン。

大根は、以前に畑に穴を掘って埋めておいたものです。

掘り出し作業中。

020319.jpg

020319a.jpg

ちょっと遺跡の発掘っぽい作業となりました「ハケ下さい」って感じです。

浮き出してる白っぽいのが大根です。これを取り出して洗うと。

020319c.jpg

みんな元気〜

穴の中でもみんな生きているので、根っこと葉っぱを出すんですよ。

想像してみてね。土の中30cmぐらいの深さに横に倒して埋めた、葉っぱを切り落とした大根から、根と葉が出て、根っこは下へ、葉っぱは上へ、それぞれ伸びていく様子を。

生命力満載でしょスーパーで買う大根にそこまで生命力があるかどうかわからないけど、興味のある方は植木鉢にでも埋めて試してみてね。肥料満載で育てられた大根はもしかしたらすぐ腐るかも知れないけど


マイナス8℃でも生き抜いているたくましい野菜たち。

020319b.jpg

凍るまいとして糖度を体に蓄えるから、甘いこと甘いこと。

こんな子たちが一緒に江戸に行って、友達の家でMindful Cooking & Eatingっていうのをやったのです。

なんだそれ?って? うん、なんだろうね。私も初めてやってみたので上手く伝えられないけど、色んなことに気づきながら意識的に作って食べましょう、ってことかしらん。

友人たちに伝えたのは、この野菜たちは「食材」としてではなく「いのち」として見てね、ということ。

私たちはその「いのち」をいただくのだから


みんなで調理して、出来上がったのがこちら。

020319x_convert_20190203195521.jpg

キクイモと白いカブは加熱せず生のまま。キクイモは煮切りみりん+味噌であえて。

カブは塩もみ。

里芋は煮物。ごく普通にだしとお酒とみりんを入れて、最後にしょうゆ。お酒とみりんが良いものなので砂糖は不要。

大根と赤いカブとニンジンはグリルで。味つけは少しだけしょうゆと塩をパラっと。


どれもこれもパワフルで大地のエネルギー充電完了!って感じでした。パワフルで美味しい。もう言うこと無いね。

みんなで瞑想もしてお腹がすいた状態で作り始めたので、あんまりmindfulじゃなかったけどでもとーっても素敵な時間でした。

またやろう、と思います。

この記事を読んで、かつてHarmoniaのお野菜セットを買ってくださっていた方々は、もしかしたら「私も食べたいっ!」と思ってくださっているかも知れませんね。本当にその節は、なかなかできないHarmoniaのベジたちを首を長く長くして待ってくださっていてありがとうございました。

みなさんの暖かい応援の気持ちに支えられてHarmoniaは何とかやってこられました。あらためて感謝の気持ちでいっぱいです ありがとうございました。

現在農場主は、作付けを減らして、大きな夢と目標であるシードバンクの活動に専念していますが、将来的には、自家採種でいのちを繋いできた野菜たちの販売も開始できると思います(仲間が自然栽培や有機で作る自家採種野菜になると思います)。

もしその時にまた応援していただけるようでしたら、暖かいご縁をいただきたいと思います。


その前に、「そのMindfulなんとかってのやってみたいわ」という方。1人じゃ厳しいけど、何人か集まれば開催できます。農場主か私までご連絡くださいね。

アキコ

Comment:0  Trackback:0
back-to-top